海苔に対する熱い思いを

in 漁師の仕事/熊本
                 
この記事のライター
                 
漁師 熊本県熊本市

九州・有明海海苔反省会と意見交流会!

12月16日、佐賀、福岡、熊本の3県の海苔漁師が今年の秋芽期の反省とこれからの冷凍期に向けての意見交流会を行いました。
佐賀県は藤川さん、福岡県は田中さん、熊本県は牛嶋さんのもと、海苔に対する熱い思いを持った海苔漁師達が熊本に約20名ほど集結しました。
ベテラン海苔漁師の方から、これから海苔業界を背負っていく先輩海苔漁師、僕たち若い世代の海苔漁師、いろんな世代のいろんな場所の意見が一つに集まり飛び交うとみんな時間を忘れて海苔のことだけを日付けが変わるまで何時間も話しました。
3県とも同じ有明海という海で海苔を育てるということだけをやっている人たちだけどやり方、考え方がこうも違うものかと実感しました!
海苔の味は作る人によって様々、作る人の想いによって変わってくる、本当にそうだと思いました。
しかし、今回集まったみんなは、違いはあれど全員がおいしい海苔を作ろうという気持ちは一緒でした。
もうここには書ききれません。笑
それくらい熱い思いでみんなやってます‼︎
今年の前半(秋芽期)は不覚にも自然には勝てずほとんどの方が満足のいく結果ではなかったと思います。
でも、誰も目は死んでいませんでした!
これからの後半(冷凍期)での挽回を今か今かと狙っています。有明海の海苔をおいしいと食べてもらえる人たちがいる限り僕たちは最高の海苔を作り続けます‼︎
熊本は18日、佐賀福岡は20日から冷凍網の海への張り込みが開始されます。
九州勢の巻き返しが始まります!みなさん、気合いの入った有明海海苔を楽しみにしていて下さい‼︎

佐賀福岡のみなさんわざわざ熊本までお越しいただきありがとうございました。

最後にNIPPON TABERU TIMES(日本食べるタイムス)メンバーの3人で写真が撮れてよかったです。藤川さん、牛嶋さんありがとうございました!

(2015.12.17)

 


➤このライターのプロフィール
漁師 熊本県熊本市