自分で用意する食事は人間を成長させてくれる

in 東北/畜産農家の仕事/福島
                 
この記事のライター
                 
農家, 畜産農家 福島県相馬市

今回も前回同様、先日命を頂いたニワトリ二羽のお肉は料理され、残った部位と骨たちは鶏ガラスープとしてラーメンになりました。

このラーメンはやっぱり旨い。

ダシをとり終えて残った骨たちも、わが家の畑へと還っていきます。

1211大野村①

 

無駄なものなんて何一つないし、無駄にしていい命なんて一つもない。

命が消えてからも骨は畑の肥やしとなり、次の植物の命に汲み込まれる。

 

1211大野村③

 

この植物もやがて食べられ別の命に汲み込まれる。

命は終わりがありそうで終わりがない。

先人たちがたくさんの神々を身近に感じて生きていたことも、今なら少しずつわかる気がします。

それほど自分で用意する食事は人間を成長させてくれる。

 

1211大野村②

(2015.12.11)


➤このライターのプロフィール
農家, 畜産農家 福島県相馬市