オンリーワン!王秋梨とふじリンゴ!

in 販売情報/農家の仕事/鳥取
                 
この記事のライター
                 
農家 鳥取県鳥取市

写真は王秋梨とふじリンゴの詰め合わせセット。

DSC_1923

お客さんから要望があったのでちょっと作ってみた。

5kg箱、丸々ひとつの品種ってのは小家族にとっては消費しきれないらしく

これからの時代こういう方向になるんじゃないかと思たりもしてる。

なんなら

梨と白ネギの詰め合わせ”風邪予防セット”とか

窯元のフルーツ皿と梨の盛り合わせセットとか

勝手な妄想だけならいくらでも浮かびますが、どうなんでしょ?(汗)。

ネットワークは多少あるので野菜系セットくらいならいけるかもしれないな。

ま、要望があればなにかとできると思います、梨にこだわらず。

 

さて、梨の作業ですが、

今月から剪定に入ってます。

剪定は3年、いや4年目か。

相変わらず素人レベルだと思ってますが、なにせ

たった一人で1haから毎年やってるもんだから

スキルが身についたんだなという実感が年々大きく

今年からはなぜか剪定に対して

楽しいという感情がフルに芽生えてます。(こんなことは初めて!)

切り悩むことも少なくなったし。

DSC_1918

剪定ってのはとても難しく、奥が深くて

切る人によって色がでますが

結局のところ

その方法に正解も不正解もないんだそうです。

僕も県から習ったりいろんな人から聞いたり、

いろんな園を見に行ったりしてたんだけど

当初それが逆に混乱してね。

そこからが発想の転換でした。

過去の成功事例を真似するんじゃなくて

まずは「してはいけないこと」に注目、

こういう切り方をすると翌年が大変なことになるっていうようなことです。

そういうことが年々増えていったところからが

徐々に剪定の本質が分かってきたところです。

失敗から学び、さらには、一度失敗したことは繰り返さない

かっこよく言えばこういうことか、作戦。

たった一つのルールですが

将来的には”剪定技術の追及”に繋がってくるだろうというプランです。

実はこれ

なにかの本で学んだんだけど結構使えるみたいです。

農業に限らずなにか初心者って方はぜひお試しあれ。

(長期戦になりますが・・)

(2015.12.4)


➤このライターのプロフィール
農家 鳥取県鳥取市