赤ちゃんを洗って鍛えて強くする

in 漁師の仕事/熊本
                 
この記事のライター
                 
漁師 熊本県熊本市

干出と網洗い。

僕が海苔養殖を行っている有明海では現在、育苗期の真っ最中です!
育苗期とは小さい海苔の芽、いわゆる海苔の赤ちゃんを育てる時期になります。
海苔の種付けを終えた網を海に張っていると網がだんだん汚れてきたり、海苔以外の他の海の生き物がそこに住もうと網にくっついたりします。
そうなるとせっかく生まれた海苔の赤ちゃんが育ちにくくなったり他の生き物に住む場所を取られてしまったりします!
それを防ぐために海苔たちが小さい間は干出と網洗いを繰り返し行います!

干出は有明海の干満の差を利用し一定時間網を空中にさらし乾かすことです。
干出は汚れなどを取り除く以外に海苔の赤ちゃんを鍛えて強くしたり、海苔のうま味成分を最大限に引き出すために行います!
網洗いは通称『もぐり船』と呼ばれる船を使って網を海水で洗います!
これを海苔が大きくなるまで毎日行っています!

網洗いの動画を後ほど投稿します。

1028浦山幹弥①

1028浦山幹弥②

1028浦山幹弥③

※編集部より
後に投稿された「網洗い」の様子はこちらから!
→船外からの様子

第八ありあけ網洗い 船外からの動画

Posted by 浦山 幹弥 on 2015年10月27日

→船内からの様子

第八ありあけ網洗い 船内からの動画

Posted by 浦山 幹弥 on 2015年10月27日

(2015.10.28)


➤このライターのプロフィール
漁師 熊本県熊本市