自然とともに生き、自分も生かされてる

in ピックアップ/中国/島根/日々の仕事/農家の仕事
この記事の書き手
島根県津和野町

大きければ大きいほど良いというわけでは無いですが、今年の里芋はBIGサイズ。

8月下旬から雨が多かったせいで、水が大好きな里芋は豊作です。

その代わり、8月下旬から収穫シーズンだった稲は稲刈りがとにかく大変でした。

上手くいったりいかなかったり、良かったり悪かったり、絶妙なバランスで自然とともに生きていて、自分も生かされてる生き物なんだということを肌で感じる毎日です。

(2015,10,16)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
島根県津和野町