最近の小松菜の食べ方

in 記事一覧
                 
この記事のライター
                 
農家 大分県由布市

小松菜のお浸し。最近のお気に入りな食べ方です。小松菜と言えば、我が家ではニンニクオリーブオイル炒めだったのですが、今年はお浸しがお気に入りです。お浸しってどうやって作ります?野菜ゆでて、鰹節と醤油をかけて食べる。こういう食べ方だけだと思っていたのですが、何かの本で出しに浸したお浸しもあって、これは椎茸出しにみりん、酒、塩、薄口しょうゆの汁にさっとゆでた小松菜を浸したものです。味はほんのりつく程度なのですが、出しのうまさと小松菜の風味が加わってなんともいえない小松菜のおいしさが味わえるのです。何日かもつので一度作って次の日のお昼とかに登場してます。

野菜の味を生かす料理って難しいなと思っていて、野菜がおいしければ本当に塩だけでもおいしいのですが、そこで終わりにしてしまうのか、それとも料理として完成した味に持っていくのか。いつも迷うのですが、だいたい多くは加えず少量の塩や調味料などで済ませることが多いですね。例えば、かぼちゃスープにしたってかぼちゃ、塩、牛乳ですごくおいしいと思うのですが、そこに玉ねぎ、生クリームを加えるべきか。料理としての1皿なら後者なのかもしれません。絶対においしい組み合わせですものね。そこからどんどん余計なものを引いて、引き算した料理というのは農家だけの味なのかもしれないですね。この味が一般的に受け入れられるのかは好みにもよるのかもしれませんが。

 

1013竹林畑②

最近、寒くなってきました。寒くなると編み物したくなったりなんかちまちましたことをやりたくなるのですがなかなかそんな時間が見つかりません。子供たちが寝た後起き上がれればいいのですが、大抵一緒に寝てしまいます。朝も早く目がさめればいいのですが、そんなこともなく・・・。実家で時間があったのでチクチク作業してきました。たまには1人で何かに集中する時間はいいものですね。もう1枚はかぼちゃの煮物。こちらは小松菜のお浸しとともに今晩のおかずです。

1013竹林畑③

(2015.10.12)

 

 


➤このライターのプロフィール
農家 大分県由布市