にんにく植え付けとやすみっこ

in 農家の仕事
                 
この記事のライター
                 
農家 青森県田子町

にんにく植え付け3日目。

本日は2日間共にしたトラクターではなく、初めましてのトラクターで植え付け作業でした。

にんにく1

なかなかうまく畝がたてられなくて、1時間くらい、いじってみたりしたものの、1人では分からなく

あぁーー!

ってなってたとこに、地域の先輩農家さん達が、トラクター、軽トラを止めて助けてくれました!!

12033107_450222568495395_6241334694555786959_n

初めましてなはずなのに、親切に教えてもらいました。

みんな、じいちゃん、ばあちゃんを知ってる人たちなのです。

助けもあり、作業再開!

畝たてスタート!

今日は地域のおばあちゃん達が植え付け作業にきてくれました!

12039544_450222508495401_7471112864489730062_n

そうそう、にんにく植え付け、にんにくの収穫は、沢山の人たちに手伝ってもらい成り立ってます。

じいちゃん、ばあちゃんがにんにくやってたときも、その時期は畑に20人以上の人たちが来ていた記憶があります。

小さい頃の自分は、10時と15時がなによりも、楽しみでした!

なんてったって、

休憩の時間!?

20人もお手伝いさんも来てもらえると、おやつのオンパレードです!

ブルーシート広げて、おやつ沢山目の前に、みんなで楽しく休憩!

休憩と言わずに、こちらでは、

やすみっこ

と言います。

小さい頃は、

やすみっこだよーー!

って作業する人たちに叫んでました。

なによりも早く。やすみっこしたかったのです。

それから20なん年、、、

にんにく農家になり。

やっぱり、やすみっこは大好きですね。

12039324_450222518495400_1015699214571759921_n

なによりも。地域の人たち、親切と作業して、話するのが貴重な時間です。

そんな、やすみっこの時間。

手伝いに来てくれた、おばあさんが、

『おじいさん、おばあさんには本当にお世話になった。孫がにんにく農家になったと聞いて、手伝いにきたくて、やっと来れた』

と言ってくれました。

本当、言葉が出なかったです。

じいちゃん、ばあちゃんの偉大さ。

もう何年も前に亡くなっているのに、いまだに近くにいるような感覚になりました。

畑、作業小屋、トラクターを残してくれただけでも、ありがたいのに。

地域のおばあさん達が手伝いに来てくれるように、してくれた。

じいちゃん、ばあちゃんに会いたい!!

いろんな事、聞きたいし、話したいけど、

本当にありがとう!!

と伝えたいです。

12038287_450222495162069_2500687755433954761_n

おかけ様で、植え付け作業3日目で約70a、7反の畑を。

本日は15時前、やすみっこ前に植え付け終了しました。

残すは自然栽培にんにくの畑のみです。

12038177_450222591828726_6316543442847730956_n

大豆が出来てから収穫してから、にんにく植え付けます。

大豆は見よう見まねでやっていたので、手伝いに来てくれたおばあさんに、やり方を聞きました。

そしたら、

『大豆やるときも来て教えるからー!それで一日分だね〜(^^)』

って。

本当ありがたいです。

畑の脇に、またたびがありました。

それを食べれるんだよと教えてもらいました。

12063459_450222555162063_7475385648195520210_n

今の時代、ネットなどで、すぐ調べればなんでも、わかる時代ですが、

おばあちゃんの知恵、昔からの知恵は、直接聞いて次の世代に繋げていかなければと、改めて思いました。

いろんな事に感謝し、考えさせられる今年の植え付け作業でした。

11046223_450222611828724_8955027297790826498_n

(2015.10.1)


➤このライターのプロフィール
農家 青森県田子町