潮は待たんじゃー!日本一の干満差を見てくんしゃい

in 漁師の仕事
                 
この記事のライター
                 
漁師 佐賀県佐賀市

有明海のあるある

有明海は潮の干満差が日本一で知られとうばってん実際どんくらいの差があるか

近くに住んでない人達はめったに見る機会がなかて思うけんこれば見てくんしゃい。

この日は9月29日 1年で一番潮が高くなる日ばい。

満潮の潮高6.2m(ここまで潮が満ちるのは台風以外にあまり記憶になかばい)

干潮が0.5m その差はなんと5.7m単純計算で1時間に1m近く潮が動きます。

大潮時の干満差5~5.5mそれに対し小潮時は1.5~2mしか動かんです。

大潮の時は潮の流れもがばい速かし仕事できる時間も場所も限られてきます。

なので誰でん人が変わったように気が短くなるばい。(いつも短い人もおるばってん)

昔はもたもた仕事ばしよったり、ちょっとでも寝坊でもしようものなら親父から何回言われたかわからん言葉があります。

「潮は待っとかんぞー」「潮は待たんじゃー」

潮の動きは止まらんけんその間にできるだけ早く仕事をせろ、という意味です。

このセリフ有明海の海苔師なら必ず使ったことがあるはず・・・

 

満潮時 道路がどこまでかわからん
DSC_0110

 

干潮時 海水が完全になくなったばい
DSC_0115
右奥にわずかに海水が・・
DSC_0116

(2015.9.29)


➤このライターのプロフィール
漁師 佐賀県佐賀市