豆腐の中を突き進む!

in 農家の仕事
                 
この記事のライター
                 
農家 富山県黒部市

こんにちは!
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

bcb09732cc443f7e36b36645cd2b28fe

明日からまたちょっとお天気がぐずつきそうなので、
今日も朝からトップギア全開で稲刈りをしています!

b585fe42f63a958cde2def2f5997f692

こうやって写真だけを見ていると、
ちょっとのどかな田舎の風景で、
収穫の秋だなぁなんて思ってしまうんですが、

c48cba8e2130ee6662d159c04609366c

写真では全く伝わらないものがたくさんあります。

風の強さ、
飛んでくる粉塵、
漂う藁(わら)の匂い。

352d92916e6bd0d8f94e80cdaba299fc

そして何より、
田んぼのぐちゃぐちゃ感。

この田んぼの質感をともまるは、
まるで豆腐の中をコンバインで進んでいるようだ、
と形容しました。

76950b273c33b14fb956ad8abc9d6a58

豆腐・・・(笑)。

あいや、
笑っちゃいけないんですが、
なるほど、
言いえて妙。

豆腐の海の中を進むのは、
コンバインではあまりにも難しく、
真っすぐ進むのすら許してくれず、
しまいには畦(あぜ)にコンバインをぶつけながら、
あぁ、
このままひっくり返ったらどうしよう。
そんな場面が何回もありました。

810981dccbf3511a24dcaeb3e4df4bb4

回りの田んぼでは、
スタックして動けず立ち往生したコンバインもあって、
ユニックで救出される様子を見ながら、
あぁ、
明日は我が身と気持ちが引き締まり。

その田んぼをされていた方、
その後すぐにうちに来られました。

うちのコンバインでは刈れないから、
おたくのコンバインで刈ってほしいと。

あぁ、
コンバインを引き上げるだけでもきっとすごい請求金額のはずで、
こうして作業委託をするとさらにまたお金がかかる。
せっかくここまで丹精込めて育ててきたのに、
収穫の時期に柔らかい田んぼに悩まされるなんて、
本当におかけする言葉がありません。

efca37516b086cb5a2d29b3419c93d40

作業委託は、
本当に申し訳ないのですが、
うちも全く余裕がなかったのでお断りして。

2780653e5a9619d00018e31e8743b921

そしたら今日また、
別の田んぼに入っていたその方のコンバインが、
またまたはまっている様子を見てしまい・・・。

09ab5a157b1bb76a543a0f136cc4f383

手刈りされて積み上げられた、
コンバインでは刈れない田んぼの端っこの稲株を運びながら、
厳しい表情のともまる。

01c8be98a5980237fa34046deadecd8e

本当なら、
コンバインを田んぼの隅に寄せて、
積み上げられた稲株を運ぶ手間を最小限に抑えるんですが、
田んぼの周りのあまりの豆腐感。
コンバインを寄せる事もできませんでした。

9cdc76abc5e8b24b4c54fed22663fab4

今年の稲刈りは、
そうとう厳しい状況です。

刈るのはもちろん、
田んぼの中を移動するのも、
こうやって稲株をコンバインに運ぶのも、
もう何もかも全ての作業に途方もなく時間がかかり、
そして気を使う。

66f766f3b04c52890697347ef7f86c3c

写真では伝えきれない事

冷たく吹き荒れる風、
舞い散る細かい藁(わら)の痒さ、
豆腐の海をグチャグチャと進むコンバインの音。

255f84d086333c01b12db74ea1990c82

そんな、
稲刈りの状況を少しでもこのブログで伝える事ができれば。
こうしてできるだけ田んぼでの状況を克明に記さなくては。

それが私の仕事で。
そう思った今年の稲刈りです。

まだ始まったばかりだけど。

cbb7be9421af84dca96a89f369af57cb

美味しい新米をお届けできるよう、
ともまるは稲刈り(そして夜は乾燥調製という作業)、
私は情報発信やご注文の受け付け対応、

28bfd82a22b23676fa3444a05dc79f1a

それぞれ作業を分担して、
頑張りたいと思います!

(2015.9.15)

—–

◉編集部より
この4日前、稲刈りを控えた濱田さんは、
田んぼが豆腐のようにぬかるんだ背景を詳報していました。あわせてお読みください。
【一粒も刈れず。】https://taberutimes.com/posts/3611


➤このライターのプロフィール
農家 富山県黒部市