コロナでもオラのお茶は海を越える!2021

in 愛知/農業
                 
この記事のライター
                 
農家 愛知県豊田市

2021年、新型コロナウイルスの収束を信じて海外での現地渡航プロモーション事業に応募しては状況好転せずで渡航キャンセルが続いた一年となりました…。

そんな中でも各国からたくさんのご注文をいただき、過去最高の輸出量を達成できました!
(国内売り上げは相変わらず悲惨です)

また今年テーマとしていた茶文化にまつわる作家さんとのコラボ海外展開は冒頭の理由で不発だったのですが、来年以降の実現に向けて胸高鳴る下準備ができたと感じています・

8月に予定されていたシンガポール渡航プロモーションでは現地に多い中華系の方々が好みそうな赤色と龍をあしらったオリジナルデザインの急須を知己の作家さんに制作していただきました!!

コロナでもオラのお茶は海を越える!2021

常滑焼北龍窯さんの朱泥急須へ日本茶インストラクターでもある辻本敬子さんに龍模様の漆絵付けを施してもらいました。

現地ハイクラスレストランにて在住の日本人シェフさんが当園のお茶を使ったディナー会は実施されたのですが、この急須も持参してお披露目したかったです。

10月には瀬戸焼の作家さんたちとニューヨーク・カーネギーホールでのプロモーションという夢のような企画♪

渡航前に皆さんへご挨拶に伺いました。

過去ブログ記事 瀬戸焼作家さんを訪ねてきました☆

コロナでもオラのお茶は海を越える!2021
コロナでもオラのお茶は海を越える!2021
コロナでもオラのお茶は海を越える!2021

カーネギーホールではもちろん瀬戸物の茶碗で抹茶を点てさせていただく気まんまんで、その時のために茶筅作家谷村丹後さんへアメリカ国旗をイメージした色糸茶筅を作製依頼。

コロナでもオラのお茶は海を越える!2021

こちらもお披露目できずでしたが、展示会は行われました。

ニューヨークから送られてきた写真です!

コロナでもオラのお茶は海を越える!2021

憧れのカーネギーホール

コロナでもオラのお茶は海を越える!2021

マンハッタンを後ろに並ぶ瀬戸物

コロナでもオラのお茶は海を越える!2021

私は行けずもお茶くん現地入り

ニューヨークには以前より当園のオーガニック抹茶を扱ってくださっている抹茶カフェSETSUGEKKA雪月華さんとティーセレクトショップSPILLED TEAさんがあり、どちらもわざわざ山奥の茶園までお越しくださっているので、今回の渡航は行きたい気持ちが強かったですが残念至極…。

助走はたっぷりつけたので2022年は更に色んな方々を巻き込んで駆け抜けたいです!

一日も早く世界が平穏を取り戻せるよう願いを込めて。

家族で営む小さな茶園から世界へ
ISHIKAWA ORGANIC TEA FARM

(2021.12.30)


➤このライターのプロフィール
農家 愛知県豊田市