【ふるさとワーキングホリデー】地域限定流通の「由宇とまと」!地元民が愛する味はどうやって作られているの?

in ふるさとワーキングホリデー/山口/農業
                 
この記事のライター
                 

山口県岩国市街の南、由宇川に沿って山間部から海岸部に広がる、岩国市由宇町。この町の名産品で、由宇の人たちがちょっと高くても買ってしまうという、「由宇とまと」をご存知でしょうか。

約45年も前から、瀬戸内の温暖な気候を活かして栽培されている由宇とまとが流通しているのは、岩国市に隣接する地域だけ。

地域限定の販売で地元民に愛されるこのトマト、作っているのは新規就農者が集う若者集団でした。先輩からの技術を紡ぐ、由宇とまと園芸組合のみなさまにお話をうかがいます。

書き手:記田祐里

由宇とまと、普通のトマトと何が違う?

由宇とまとは、瀬戸内の太陽をたっぷり浴びて作られる、真っ赤な姿が大きな特徴。

一般的なトマトは、流通する過程で日が経ち熟していくことを考えて、青いまま収穫されています。しかし、由宇とまとは、時期によって多少異なりますが、限界まで樹上に実った状態で熟させ、きれいに赤くなってから収穫。美味しさのピークに近い状態で出荷され、お店に並んでいます。

地元民に愛される、地産地消トマト

ハウス一面に広がる由宇とまと

由宇とまとは、関西、関東、九州などの市場にほとんど出回っておらず、山口県内(主に岩国市内)や広島県など近隣地域のみで流通しています。まさに「地産地消」で成り立っているトマトです。

しかし、由宇とまとは一般的なトマトに比べてちょっとお高め。それでも地元民から親しまれるトマトであるのには、大きく3つの工夫がされています。

1.エコファーマー認定

組合員はみな、減農薬や循環型農業に取り組む農業者の認定:エコファーマーを受けた農家さんたち。安心・安全の実現のためにと、自主的に取り組んでいるそうです。

2.太陽熱を利用した、優しい消毒

由宇とまとは、冬と春に作られる作物。収穫が終わった夏になると、ハウスの中が40度〜60度に。そんな瀬戸内の太陽の力を、収穫が終わった土地に利用して太陽熱消毒をしています。薬剤を減らしても、虫や病気から守ることができている自然の消毒です。

3.こだわりのパッケージ

おかざき農園で販売されている真っ赤なトマト

販売をする際は自分たちで袋詰めもし、生産者の名前を袋に記載することを徹底しています。「由宇」という地名を明記し、目に見えて「地域のこの人が作っている」と消費者にわかってもらうことで、地域に愛されるトマトになっています。

由宇とまと農家の「大切な地域への愛」

取材にご協力いただいた由宇とまと園芸組合の小橋さん(左)、岡崎さん(右)

“地域に根差した、美味しいトマトを作りたい”

エコファーマーやパッケージなど、日々愛される由宇とまとであり続ける工夫を、組合のみなさん行っています。

新規就農者として組合に入った若者が多いことから、スマート農業の導入や、蜂に力を借りた受粉方法など、栽培するための工夫も柔軟に取り入れることができているそうです。

由宇とまとは、由宇に行かないと食べられないトマト。ぜひ、由宇に訪れてはいかがでしょうか。

地域愛が溢れる岩国市由宇町を、自分の故郷にしよう

潮風ロード沿いの海。防波堤にいるだけで心地いい!

由宇とまとが作られている岩国市由宇町では、ふるさとワーキングホリデーの受け入れを行なっております。

(ふるさとワーキングホリデーの詳細はこちらの記事をご覧ください)

今回私は、受け入れ先である「潮風公園みなとオアシスゆう」にも足を運びました!

地元のものが味わえるレストランや直売所、夏は海水浴場として大人気のみなとオアシスゆう。公園内の約450mの遊歩道を歩きながら見た、瀬戸内海の透き通ったエメラルドグリーンと、晴れわたった青い空に感動しました。

米軍基地が近く、外国の方との交流が楽しめる時もあるそうです。遊歩道のそばには小さな漁港もあり、新鮮なお魚がレストランや直売所に並びます。

こんな絶景を見ながら、潮風公園にあるレストランを中心とした商業施設でのワーキングホリデーが体験出来ます。直売所では、由宇とまとも販売されていますよ!休みの日には、由宇とまと組合さんを訪れてはいかがでしょうか。

みなとオアシスゆうには、ミクロの世界のさまざまな生き物を中心に紹介する世界初の博物館「岩国市ミクロ生物館」も併設。海から微生物を採取して観察したり、生物館の方から館内案内をしていただいたりとホリデーを楽しむことができる要素が満載です!

ミクロ(微生物)の世界について案内いただきました。微生物の役割や微生物を使ったアートなど、知らないことにたくさん出会えました!

地域の暮らしを体験しながら、由宇とまとや潮風公園などの町の面白い取り組みや人たちに触れる。そんな由宇でのふるさとワーホリ生活を通じて、由宇をあなたの「ふるさと」にしませんか?

申込・詳細

※時期によって受け入れの可否や内容が変わるため、上記サイトより最新の情報をご確認ください。


➤このライターのプロフィール