【まとめ】農家に弟子入り?この夏、農家の懐に飛び込んだ、若き姿を大特集!

in 日々の仕事/農村漁村暮らし
                 
この記事のライター
                 

「若者の農業離れ」はもう古い・・・?

大学が休みのこの時期に、農家、漁師の元を訪れる若者達がいます。

慣れない作業の中で、
彼らは何を行い、何を学んでいるのでしょうか?


 

 1. にんにく農家種子さん×国際教養大学石田くん

「初めてのトラクター体験」 (元記事:種子宏典 2015.8.18)

11898620_743084695801643_5902221186867470093_n

初弟子にして愛弟子、石田君18歳。
そして、タネコ氏もう間もなく31歳。笑

石田君は秋田国際教養大学(AIU)の学生であり、
「AIU食べる部」というサークルに所属する。
その構成員は一次産業に魅力を感じ様々な活動をしているわけですが、、、、
数か月前に、どうして学生たちが一次産業に興味を持ったのか話を聞きたくて、
コネをつかって話を聞く機会を設けてもらった。

そこで一本釣りしたのが石田君だ。
青色のつなぎを身にまとい、インナーにはボーダー柄のTシャツ、
首には青いバンダナを巻き、夏にふさわしい爽やかな着こなしが印象的だ。

そして、二人で一緒に黒にんにくのパック詰めを行った。

(元記事:種子宏典 2015.8.21)

石田君。

トラクターの車窓から・・・・
彼にとってトラクター運転は初めての経験らしい。
めっちゃ嬉しそう。笑

 


 

2. わかめ漁師 阿部民子さん×日本一周をする青年

「素敵な詩を聴かせてもらいました」 (元記事:阿部民子 2015.8.24)

11898612_811506582279883_1909482541363688065_n

11954812_811506595613215_2833061021750518111_n

素敵な詩を聴かせてもらいました????

「たみこの海パック」に日本一周をしている青年が私の所に回ってくれました。
ギター片手に素敵な詩を歌い、自分の事をさらけ出し格好いい青年でした。ボランティアでわかめの袋詰めをしてくれて、また明日も町のボランティアをするそうです。車中泊という事で大変だと思うけど、いろんな環境でさまざまな人と出逢い感じるものがあると思います。青年よ、たくさんの出逢いと感動を…
出逢えて良かった(*^▽^)/★*☆♪


 

 3. あきたいぶり美人×武蔵野美術大学 そのちゃん

「冬に引き続き夏も」 (元記事:西宮三春 村岡歩 2015.9.7)

11988351_719353308208129_385150403388042196_n
冬にお手伝い来てくれた武蔵野美術大学4年のそのちゃんが

大根の畑作業のお手伝いに来てくれました!間引き作業を手伝ってもらっています。

さぁ!頑張れ!

10987391_719437654866361_672161762213492566_n

間引いた大根。
もうしっかり大根なんですよ。
新鮮な大根をパクリ!
美味し〜♪
ん…ん…⁉
かっ…からい〜‼

そのちゃんの反応に大笑いしてます。

辛みも自然の恵みです。


 

 4. 米農家菊池晃生さん×秋田公立美大インターン生

「明日で最終日」 (元記事:菊地晃生 2015.9.7)

11990653_957703247605982_2669575833566031394_n

秋田公立美大からのインターン、2名。
早いもので一週間の研修も明日で最終日。
一週間で伝えられることは実に少ない。ただの作業手伝いにしてしまったかも。

明日は、この一週間を凝縮するような対話の時間を創りたい。
最終日は、じじばばのところで木いちごの収穫かな。

でも、こいつら頑張ってる。
初日に、コンビニで買って来た弁当をバツが悪そうに、食卓で隠しながら食べてた。

ご飯は好きなだけ食べても良いよって言ったら、次の日から、

おかず弁当を欠かさずつくって持って来る。そういう所が製作意欲とつながっていくと良いなと思う。

 


➤このライターのプロフィール
農家 青森県田子町
漁師 宮城県南三陸町
農家 秋田県仙北市
農家 秋田県潟上市