【「食べる」に本気で向き合ってみた】食欲との格闘・断食

in 食と暮らし/食べタイ編集部員が「食べる」に本気で向き合ってみた
                 
この記事のライター
                 

いつも「食べる」ことを当たり前に行っているが、その食材や料理が口に届くまでのストーリーに想いを馳せてみるとどんな世界が広がっているのか想像しづらい。この問いに対して、食べタイ編集部がそれぞれの切り口で「食べる」に本気で向き合った連載をお届けする。

新しく食べタイ編集部に入った1年の河村青依(かわむらあおい)です。突然ですが、私は大学生になってからはや1年、高校生の時よりも3~4キロほど太ってしまいました。原因はオンライン授業で家から外に出る必要も減り、お腹が空いたら授業を一旦停止にしておかしを食べる、という生活をしていたからだと思います(笑)。いつの間にか「食べる」が当たり前になっていた私。そこで今回私は「食べる」と向き合うために、塩と水以外は摂取しない断食に挑戦してみました。断食の先にたどり着いた私の「食べる」とは…?

書き手:河村 青依(食べタイ編集部/早稲田大学)

1日目 昼ごはん 

母が、私の目の前でエビバーガーとポテトを食べる。「エビがぷりぷりしておいしい」とのつぶやきが聞こえてくる。

断食して気づくことは午前中の眠気が全くないこと。課題がとてもはかどる。でも目の前のポテトがおいしそう。油のいいにおいがする。耐えきれなくなった私は、自分の部屋に駆け込み、おいしそうな絵本を読み漁る。

空腹を紛らわしてくれたカラフルな絵本

食べ物関連の絵本を読むと、食べた気に少しだけなれる…いや、それ以上に描いてあるご飯を食べたくなってしまう。これからもっと腹ペコになるのか、と思うと怖い。

『カラスのパンやさん』 加古里子 

カラスの四兄弟が食べていたおやつパンをきっかけに、パン屋さんが大盛況する話。カラス四兄弟の名前が、チョコちゃん・リンゴちゃん・レモンちゃん・オモチちゃんなど、すごく美味しそう!

『サンドイッチサンドイッチ』小西英子 

ふわふわのパンの上にたっぷりバターをのせて、レタスをのせて…。ただサンドイッチの作る工程を絵にしているだけなのに、次は何をのせようか楽しみにしてしまう。ワクワクする絵本。 

『めん たべよう』 小西英子

月見うどん、ナポリタン、とんこつラーメン、てんぷらそば。この絵本もただただ麺料理を並べているだけ。にもかかわらず、汁のきらめき、卵の半熟感、麺から出る湯気の絵がリアルすぎて、お腹が空いてきちゃう。

『バムとケロシリーズ』 島田ゆか

バムとケロに出てくるおやつはすごくおいしそうだし、かわいいし、何より量が半端なく多い。そして食べ物の出来上がるときの描写のワクワク感がたまらない。 
「こね こね こねて ぽこん ぽこん かたを ぬいて ぽい ぽいっ とあげればこんがりドーナツのできあがり」
(『バムとケロのにちようび』より)          

1日目 晩ごはん うーん、食べた気になるASMR!?

ASMR動画

台所にピーナッツチョコがあったのを思い出して、いつもなら5個くらい一気に食べていたのになぁ、ちょっとくらい食べてもいいのでは、と思い始める。

友達がYouTubeで食べ物のASMRを聴いているとすごく満腹になった気がする、と言っていたのを思い出して、聞いてみることにした。

ASMRとは「Autonomous Sensory Meridian Response」の略で、日本語に訳すと「自立感覚絶頂反応」という意味。ポテチをバリボリ食べる音、水をごくごくっと飲む音など、聞いていて気持ちの良い音のことをいう。

セブン飯をもりもり食べる日(動画名

こんなもの食べたら太ってしまう…と躊躇してしまうものも、動画で思いっきり食べてくれるので気持ちがいい。ASMRが今回の断食で、一番効果的な空腹紛らわし方法だったかも! 

ASMRを聴きながら、水とアジシオ片手に口をもぐもぐさせている私は、端から見たら気持ち悪いかもしれない。が、少し食べた気になれた(笑)。

断食中の相棒アジシオ

空腹の足しになる私的おすすめASMR3本!

「セブン飯をもりもり食べる日」https://youtu.be/k6frUaJnxPI

「生駒里奈、秋田名産品を食べる。」https://youtu.be/m0PxFEruM0g

「ASMRで47都道府県のお菓子を食べ尽くす」https://youtu.be/50WglA_IwGk

2日目 朝ごはん おいしい本 

朝、ベッドから降りるとものすごい食欲に襲われて、めまいがした。あー卵かけご飯が思いっきり食べたい!ふわふわのオムレツが食べたい!半熟のゆで卵が食べたい!頭の中はなぜか卵のことでいっぱいだった。

体は空気の抜けた風船みたいな感覚で全く力が出ない。ベッドで寝転がってこういう時のために準備していた食べ物関連の本を読んでみることにした。

食べ物関連の本

『僕とポーク』ほしよりこ マガジンハウス

食べ物を残しがちな少年は、残飯で子豚をそだてて、成長した豚を貧困な国に出荷しようと決意する。しかし豚とともに過ごすにつれて、情が移っていき…。見開きたった四コマの漫画なのに、結末にすごく感動する。

『食べ物語る』BUNDAN 夫婦の友社

小説に出てくるおいしそうな食べ物のレシピとともに、作者の人生、本の内容を紐解いていく。物語に出てくるごはんって、ちょっと個性的なものが多いから、レシピになっているのを見るのは面白い。

『忘れない味』 平松洋子 編者 講談社

食事にまつわる短編の物語集。27人の作家が書いた物語だから、系統もそれぞれ。飽きないで楽しめる。

『日本の中のインド亜大陸食紀行』 小林真樹 阿佐ヶ谷書院

インド料理の種類、スパイスが詳しく説明されていて、インド料理を食べたくなった。食べ物以外でも、インド人コミュニティや日本に住むインド人の家庭への潜入記事など、読み応えがある本。

正直なところ、本を読むことはあまり空腹の足しにならなかった…。本を読んで感じたことは、食べ物には人の思い入れやストーリー、文化が詰まっているということ。食べ物の力って偉大だな。

2日目 昼ごはん 空腹のピーク!!

今日のお昼は私の好物のチャーハンらしい。なんで断食している今日に限って…!卵と胡麻油、ネギの焼けたにおい…チャーハンは、作る過程で出てくる匂いからもう美味しそう!あー、食べたい。何回も部屋から出て、キッチンに行って、チャーハンを眺めてしまう。食べられないのにスプーンでチャーハンをすくってはフライパンに戻す、を繰り返している…。

いけない、何かで食欲をごまかさないと!二日目のお昼ご飯が、この断食一番の空腹ピークだった。YouTubeをあさっていたら、POPEYEの公式チャンネルに「おいしい映像」なるものがあったので、早速見てみた。

「おいしい映像」https://youtu.be/YnaqNliMh8o

「おいしい映像」とは、平野紗季子さんというフードエッセイストとマガジンハウスの雑誌POPEYE、mcnaiという食のクリエイターチームが組んでできたYouTubeチャンネルだ。

お取り寄せアイスの食レポを見てみた。紹介されていたアイスは、どれもおいしそうで、高価なものばかり。高いアイスをちょっとだけ食べた気になれてお得かも(笑)。

紗季子さんの食レポのコメントも面白い。例えば、プラム味のアイスに対しては「果物のzipファイルだね」とか、葉山椒ミルク味のアイスには「雨に濡れた草原を歩いているときの気分」など。コメントに独特のセンスが光っていて、おしゃれな食レポYouTubeだった。

3日目 朝 断食明け初のご飯!!

あーご飯が食べられる!!感無量だった。台所に行って、「家事ヤロウ」(テレビ朝日毎週水曜夜11時50分)で放送されてからずっと食べたかった、やきおにぎりお茶漬けを作った。胃にだしが入った瞬間、お腹から温かさがこみあげて幸せな気持ちになった。お釈迦様が断食明けにミルク粥を飲んだ時もこうだったのかなーと、かなり大げさなことを考えながら、食べることの素晴らしさを噛みしめていた。

断食明け初にたべた、焼きおにぎり茶漬け

食べるという行為を直接せずとも、食に触れ合うツールは絵本や本、漫画、動画などさまざまある。人間の食欲は、多様なツールに昇華できるほど貪欲なものなのかもしれない(笑)。
断食が明けてからの私の食欲は、すごいものだった。1日でピーナッツチョコひと箱を平らげてしまったし、たまたま地下鉄で見かけたセブンティーンアイスのマカダミアナッツ味を、電車を待ちながら一人で食べてしまったし…。もちろん、1日目に食べることが叶わなかったエビバーガーも食べてしまった(笑)。結局、断食で1.3キロも痩せたのに、すぐにリバウンドした。

断食中に作った断食後に食べたいものリスト。

断食をした先に見えた私の「食べること」

断食をする中で驚いたのは眠気がないこと寝不足の疲れが取れたことだ。
私はご飯を食べると眠くなってしまう、という体質が長年の悩みだった。原因は炭水化物の糖の消化にあるそう。炭水化物摂取をすると、上がってしまった血糖値を下げようと膵臓からインスリンが分泌される。これが眠気の原因で、断食中はこの機能を休ませることができる。断食をすることで期待できるメリットの1つだ。

断食中に台所で発見した顔みたいなキュウリ

今回私が挑戦した断食は「何も食べない」というものだったため、食べられない、お腹が空いた、というストレスが強かった。アンパンマンに「お腹が空いて力が出ない」というセリフがあるが、断食期間中の私はまさにそれだった。「食べること」はやる気の源で、私たちの人生になくてはならないものなのだ。そのことを、とても実感した2日間だった。

これから断食に挑戦したいと思っている方には、野菜スムージーやお味噌汁だけを摂取するといった、ライトな断食をお勧めしたい。ライトな断食なら継続しやすいし、程よく胃腸を休ませられると思う。断食明けのご飯は格段においしいので、ぜひ断食をして味わってほしい。

             


食べるタイムスでは取材活動を筆頭に現場に触れる機会が数多くあります。

記事を書いて人に伝えることをしたい方、

他の人があまりしない経験をしてみたい方、

メンバー募集も随時していますので、興味があればぜひ説明だけでも聞きにきてください!

募集概要はこちら。 

https://pando.life/taberutimes/article/14171


➤このライターのプロフィール