秋野菜の栽培と家族経営の話。

in 日々の仕事/秋田/農家の仕事
                 
この記事のライター
                 
農家 秋田県仙北市

セルポットで作る玉ねぎ苗ちゃん!

a90863c7-s

\玉ねぎもネギも発芽後はまるで区別つかない/

9d9ed6b8-s

トマトハウスの端っこにて発芽後、

大きくなったら

露地に植え替えて栽培、

その後定植です!

種は、

スワロー、ラッキー、などなど。

大根さんは、、、

854cd25d

発芽してます!!(笑)

今年は割と少ないのかな?

種は、本宮です。

何年か色々植えたのですが、

本宮が総太り系では一番やりやすい。

山形大根系?(いぶりこまちとか細長い系)はムラがあるのでやめました、、。

毎年、母が担当作物です。

私がやろうとしてもやらせてくれません(笑)

なんだろ、秋野菜は譲ってくれないです。

(そのくせ大根の収穫は重いので割と私がやるハメに)

毎年お決まりのパターン。

そして隣にまた再利用マルチ、

やられました、、、、、、

マルチを再利用するのは

逆に不利益です、

(母が別の仕事した方が利益があがるし、
効率的です。新品のマルチだって安いし、、、)

でも本人が何故か

マルチを再利用することに

すごくこだわりがあり、

とてもお得な気分になるようなので

反対しても聞いてはくれません。

今回もそそくさと私に文句を言われる前に

どっかから前使ったマルチを見つけて
張っていました、、、

こういう時に家族経営の限界を感じます(笑)

まぁ、気分良く仕事できるのが

一番良いことだとも思いますので、

半日この一畝に再利用のマルチを

必死にやっているのも悪くはない。

母の趣味みたいなものです。

多分、
私が農機具とかトラクターをいじって

半日過ぎちゃったとかも

彼女からしたら理解できないだろうし、、、(笑)

お互い様です、多分。

でも、うちはまだ良い方らしい。

農家の跡取り同士で話すと良く分かります。

「1ヶ月以上、口を聞いてくれなかった」

「少量でもやりたい作物を植えたらキレられる」

「公的な用事がないと家を出れない」

とか良く聞きます。(笑)

逆に

親を召使いのようにこき使う人もいます。

何故か男の跡取りを重宝しすぎているパターンも。

家それぞれでしょうが、

家族経営って大変!!

家族ですから、逃げ場がないですしね。

(うちは来年こそは1回使ったマルチを根こそぎ捨ててみようと思います。いつも、どこに隠し持っているのか、わからないのですが、、、笑)

(2015.9.1)


➤このライターのプロフィール
農家 秋田県仙北市