震災がなければ僕もきっと人蔘を作り始めなかった

in 東北/福島
                 
この記事のライター
                 
農家 福島県喜多方市

大熊町、楢葉町の皆さんと会津農林高校の高校生達が、人蔘畑を見学に来てくれました。

会津藩と御種人蔘の歴史や、栽培の難しさ、先輩生産者達の努力と情熱、産地復活への取り組みなど、熱っぽくお話しさせて頂きました。

震災がなければ僕もきっと人蔘を作り始めなかったし、避難してきた皆さんとも出会うことは無かったと思います。

種とひとをつなぐ会津伝統野菜。
出会えたことに。感謝。

(2015.9.3)

編集部から関連記事のご紹介
「299年目の種」(2015.8.23)


➤このライターのプロフィール
農家 福島県喜多方市