自然が教えてくれたこと。

in 編集長ピックアップ
この記事の書き手
農家 青森県田子町

 

載せるかどうか、迷いましたけど、これも自然の事なので、みんなに知ってほしく載せる事を決めました!

 

東京出張から戻り、畑の様子を見に。

そこには、息絶えたキツネが横たわってました。

いつも車停めるとこに。

見た感じまだ、外傷もなく、日にちは経ってなさそうです。

一度、スコップと、塩、お酒を取りに戻り、山に還してあげました。

手を合わせ、キツネを持ち上げると、おそらく3キロとか、そのくらいかもしれませんが、重くズッシリと感じました。

ここに横たわっていたのは、意味があると思ってます。

春先、隣の作業小屋に住み着いていた、キツネ家族。

子キツネが3匹、母親らしきキツネが1匹いました。

食べ物を与えるのは、よくないとわかりつつ、たまにあげてました。

感謝4

あるときから、姿を、見なくなり、山に帰ったんだなと。

違うキツネかもしれませんが、そのキツネではないかと思ってます。

違うキツネだとしても、キツネ達が自分を見てんだと。

最期を感じ取ったキツネ。

最期の力で、畑まで降りてきたのではと思うと、涙が出てきました。

最後にお酒を開け、塩を盛り、手を合わせました。

感謝3

改めて、人間は、もっと自然に対して感心を持ち、感謝の気持ちを持って生きるべきだと思いました。

御飯を食べるときの
『いただきます』
『ご馳走様です』
この言葉の意味を、

農家、百姓になり、考え方、感じ方、生き方が変わりました。

人間が一番偉いのではなく。

自然の中で生かされてるのだと。

自然にある野菜、魚、肉を食べ、自分達の、血となり、肉となり、身体になっているということ。

いろいろと考え、しゃがんで手を合わせ、立ち上がって、山を見て、風を感じました。

今日のこの出来事は、自然が教えてくれたことだと、感謝しています。

みなさんも、自然、食、農、など、少しでもいいので、考えてみてください。

感謝

感謝2

11988635_440987482752237_2413001057536570930_n

(2015.9.1)

 

 


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 青森県田子町