桒野由美さん(農家・福岡県福津市)に聞く!③:「医療で使うから医薬品、農業で使うから農薬。 これが私の考え方」

in 九州/福岡/編集部から/農家漁師にインタビュー
この記事の書き手

食べタイの農家さん、漁師さんの元へ

編集スタッフが駆けつけ、生の声をお届け!

——————–

くわの由美さん
(くわの農園 福岡県福津市)

11266685_669911826472243_1700830311_o

 

 

第3回
「医療で使うから医薬品、農業で使うから農薬。
これが私の考え方」

 

くわのさんアイコン完成版

 

 

新鮮で美味しい、そして健康な作物をお届けしたいという思いはもちろんあるよね。そのために病気・害虫から作物を守ることはとても大事なことだと思っとうよ。作物を守るために毎日の観察は欠かせないよね。それに加えて農薬での防除も必要なことよね。

o0640048013413411229

私たちの農園では、農薬使用に関しては安全基準をもちろん厳守してるよ。でも、よく周りから言われるんよ。「くわのさんのところはこだわりを持って育てているのに、何で農薬を使ってるの?」って。そういう時は私はこう答えると。「皆さんも、インフルエンザやはしかなどの病気にかかりにくくなるようにって予防接種ばするやろ?そして病気に万一かかったら薬を飲んだり、病院へ行ったりするやろ?それと同じよ~。」ってね(笑)。

 

私はもちろん農薬を使いすぎることはいかんと思うけど、必要最低限は使ってもいいと考えとう。そして最低限な上に、最近は研究が進んできてから天然素材や植物由来、生物農薬(*1)とかもたくさんあるけんね。こういうやつをできるだけ使うようにしてる。医療で使うから「医薬品」、農業で使うから「農薬」という言い方をすると考えとるんよ。

(* 編集部注1:有害生物の防除に利用される、拮抗微生物、植物病原微生物、昆虫病原微生物、昆虫寄生性線虫、寄生虫あるいは捕食性昆虫などの生物的防除資材のこと。農薬工業会ウェブサイトから引用 http://www.jcpa.or.jp/qa/a4_13.html

 

(9月6日公開④ https://taberutimes.com/posts/3134 に続く)

第1回はこちら①「食べものにストーリーを込める」https://taberutimes.com/posts/3128
第2回はこちら②「農家さん、雨乞いのジンクス」https://taberutimes.com/posts/3130

 

 編集部アイコン完成版

 

聞き手:中山拓哉(慶応義塾大学4年・NIPPON TABERU TIMES編集部)

 


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 福岡県福津市