何の得もない名産「クマ」の話

in 東北/青森
                 
この記事のライター
                 
農家 青森県

命がけで仕事してます。
いや、まったくかけるつもりはないんですが、どうやったって畑の近くでクマが出るので、なんとなく恐いんですよね。
近くの茂みでかさっと音がした日には何が起こったのかと身構えざるを得ませんねえ。

タイトルなんですが、休憩のときに、いっしょにやっているおじいさんがいった言葉です。
「ここはクマの名産地なんだよ!」
とりあえず今のところ、全く得がないですねえ。
畑から200m、ハウスの横にはこんなものが設置されました。

DSC01373.JPG

これはクマを捕まえるための罠ですね。
別角度から。

DSC01374.JPG

ドラム缶を基礎としたものです。
何日も連続してクマがハウスに侵入したらしく、設置されました。
ちょうどお盆に侵入されたので、なかなか打つ手がなかったそうです。
ハウスでは、試験栽培していたいちごが倒されたみたいです。

DSC01372.JPG

まあ、自分はクマに恨みはないので、とりあえず対策して、被害とかがなければいいんですが。
この近所の犬も怪我をさせられたようだし、なかなか折り合いが難しいものです。

畑を更に奥に、山に上がっていったら鉄塔(送電線のかな?)があるそうで、
その上から見ると、クマが5頭くらい見れるそうですね。
クマウォッチングでひともうけできませんかねえ。
命かけてると言ってる割には実にのんきでしょう。

(2015.8.25)


➤このライターのプロフィール
農家 青森県