2017年6月 月間アクセスランキング

in ランキング/編集部から/編集部から
この記事の書き手

 

2017年6月に最も読まれた食べタイ記事はこれだ!
(集計期間:6月1日〜30日/対象記事:5月31日〜6月30日にアップされた記事)

10位

3分でも、30分でも、3時間でも魂込めて語れる農家になろう

さあ、あなたも語れる農家に。

寡黙な農家像を突き崩し、自分の言葉で語れる “ 情熱伝道師 ” になった男の話。

 

 


 

9位

地元に「キクラゲ文化」が芽生えた日

16倍の事業成長は我が為でなく・・

初めは、鶴岡のきくらげなんて誰も知らなかった。
16倍に事業を成長させた若きエースの舞台裏。

 

 


 

8位

【レストランバス婚活ツアーの女性参加者募集】素敵な農家と運命の出会い?!

素敵な農家に出逢える婚活ツアー。

生産者と消費者の「出会い」を作ってきたレストランバスも終盤戦。
熊本が誇る逞くもシャイな若手農家が、満を持して登場!

 

 


 

7位

桃の見極め「この違いがわかりますか?

この中にある、障害果を当ててください。

内部に何かしら不具合が発生している「障害果」。
プロの桃農家は、どのように見極めて摘果できるのか?

 


 

6位

トマト栽培の極意 教えます

「トマト栽培は誰に学ぶのがいいでしょう?」

1、トマト農家さん 2、農業系セミナー講師 3、その他

 


 

5位

長くて単調、 つまらなくて地味。恐らく一番人気のない作業。

「誰でもできる作業です。えぇ、忍耐強い人であれば、誰でも」

田植えが終わったら、米農家は田んぼの世話に集中できるというわけでは・・ない。

 


 

4位

八方美人で何が悪い!~全員が幸せになれる農業システムへの挑戦~

「2011年3月10日、念願の農家デビュー。」

震災を機に、180度変わった彼女の農業人生。
6年目を迎えた今、その6年間の経験を詰め込んだ新しい農業システムの構築に挑戦します。
福島県西会津町の渡部 佳菜子さんの論説です。

 

 


 

3位

草は生えていたんじゃない、僕が生やしていたのか。

「そうか。草は僕自身が生やしていたのか」

「自然栽培は草が生えるのが当たり前。それが農薬使っていない証で、それには価値がある」
と今までは考えていた吉右衛門さん。

そんな吉右衛門さんが、なんと「田んぼに草が生えているのを待っている」そう。
「草」に対する意識が変わった瞬間、田起こしも、代掻きも、やる目的と意識をガラッと変わったという。

いったい「草」は吉右衛門さんに、何を気づかせたのか?

 

 


 

2位

やりたいことがある人には地方がいい」町づくりの立役者に聞いてみた

「人口5000人になれば、5000人で暮らす方法を考えればいい」

山形県の山間に、人口8000人の町があります。その名も小国町。
毎年100人単位で人が減っており、過疎の一途を辿っています。

この状況を前にすると「町に人をどう呼び込むか」とよく議論がなされます。
しかし、そんな”お決まりの地方創生論”に風穴を開けるパイオニアがいました。

編集部国重咲季による、渾身の初インタビュー。

 

 


 

1位

奇跡の朝の作り方」~GWに休みを取れなかった母ちゃんの知恵~

「息子がいればあなたもできます」

土日・祝日はおろか、ゴールデンウィークもない農家のかあちゃん。
ちょっと落ち込んでいたら、お金も時間もいらない楽しいことを閃いた!

「反抗期の息子が赤ちゃんみたいな顔になってた。
しあわせすぎて、時間が流れていくのがもったいない。こんな朝があるんだ、と思う。」

“なんか涙出た”という声がよせられた、心のほっこりする記事をお送りします。

 


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 福島県石川町
農家 山形県東置賜郡
農家 福島県耶麻郡西会津町
農家 富山県黒部市
農家 福島県伊達郡桑折町
農家 熊本県阿蘇郡南阿蘇村
農家 山形県鶴岡市
農家 愛知県碧南市