今、田舎で一番必要なのは

in 生産の哲学
この記事の書き手
農家 兵庫県たつの市

こんばんはー!

 

いつの間にか夏が終わり、秋に突入しました。

今年の夏は、比較的早かったように思います。

 

就農一年目の夏は、体重の激減とクーラーのない生活による過度の夏バテでした。

 

そして、二年目(今年)の夏は、股下の汗疹(あせも)に泣かされた夏でした。

最大の原因は、田植え時期の長期間、雨の中、田植えやチェーン除草のため、田植機に長時間乗ったことと推察されます。

7月に入り、ずっーと、痒い→痛い→痒い→痛い→痒いエンドレスの日々。

痒いのを我慢するってのは、本当につらい。頭がどうにかなりそうになる。

最近、涼しくなり、回復の兆しも見え隠れするようになった気がしています。

他にも、爪が一部、田んぼの細菌系にやられて損傷していたり、耳が小さな虫に日々狙われてかさぶたが耐えなかったりと、慣れない(各種抗体を持ち合わせていない)環境で生活した場合は、あちらこちらで、副作用も勃発している、というのが事実です。(なお、主作用は、身体と心の大部分は、健康的になる、だと思います。たぶん。)

 

 

次に、

今の生活が「普通」になりつつあり。

普通になってくると、自分にとっては意識しなくなるので、農業や農村を客観的に見れなくなる部分も増えてきました。

 

水路の草刈りや、柵の補修、その他、集落の維持作業を日常的にしないといけない現在。

自然に囲まれた環境下で、人間社会を形成(自治)することは、相当な労力がかかることを実感しています。

ただ、やっていることに対しては、疑問をもたなくなりました。作業の目的が、住み良い集落にすることだからです。

 

都会生活での疑問の多く(生かされている感)が解消されていく今日この頃に対して満足しつつも、田舎で生きる厳しさについて、実感しないとわからない自分の馬鹿さ(利口でなさ)加減に嫌気もさしたりします。

 

 

そして、結論。

要は、日本人は、日本の田んぼをどうしたいのでしょうか?

仮に日本に田んぼが必要だと思っている人がいるとしたら、確かにお金の援助は必要やし、政策も重要やけど、一番必要なのは、人手です。

(アフリカで一番求められているのが、ODAの援助よりも国境なき医師団であるように)。

 

人間社会は、金が作るんじゃなくて、人が作る。

 

主観的な物言いでいい。 客観的な物言いは、学者さんで十分(な気がします)。

 

とにかく農村では人が足りていない。というか、足りていないレベルではなく、いない。

なので農村は、田んぼは、なくなる。

正直、もっと身体を張ってくれる人がいないと。

 

 

愚痴っぽいぞ!? 農村生活に疲れたのか?

 

 

そうかもしれない。

けど、それでもええんです。(今回は。)

 

自治会長や農会長、地域の各種、役の人や、その他の協力者。

納税だけでは解決出来ないことが、農村にはいっぱいあります。

それを背負い込んでいる人たちと接していると、このような気持ちになってしまう。

 

エンターテイメントで人を呼び込むことは、マーケティングでは必要なのかもしれないけど、

厳しい現実を知ってもなお、そこに飛び込もうという人でないと、役に立たない気がします。

 

 

都会との協力は、欠かせません。それは事実です。

が、今、田舎で一番必要なのは、田舎で生きてくれる人なんです。

 

 

そして、「田舎で生きてくれる人」。このような人を今後どんどん増やしていくことが、自分にとっての使命だと、勝手に思うことにしました。
(まずは、結婚相手を呼び込めと、色々なところから聞こえてきそーですが。。)

 

農村が断捨離の対象になりがちな世の中。まずは、その対象から外すことからです。
(よくよく考えると、これって結構難しいな。)

 

思うのは 一人前の 遠きこと


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 兵庫県たつの市