豪州産牛肉を食した、久慈の短角牛の牛飼いは・・・

in 岩手/東北/畜産農家の仕事
この記事の書き手
畜産農家 岩手県久慈市山形町

月曜日は、お得意様回り
飯田橋のスクニッツォさんにお邪魔すると、オーストラリア産のショートホーンが入荷している。との事
短角牛として売り込みたい、なんて話しを聞いてた所なので、こりゃタイムリー!早速頂いてみました。

ん~、予想通り。
いかにも若い牛って感じの食感
味はしないが、クセも臭みもない
赤身のわりには、硬くも感じない。

しかしこれの価格が、山形村短角牛の3分の1
大手が濃いめのソースで出したら、それなりに売れるんだろうなぁ。

より、こだわりの短角牛の宣伝活動しないと、これが短角牛だと思われちゃうなぁ~。

と色々思いながら食べてきました。
近谷シェフ、ありがとうございました!!

(2016.8.2)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
畜産農家 岩手県久慈市山形町