六月は 稲作農家の 性根場

in ぼやき/兵庫/生長記録/農家の仕事/近畿
この記事の書き手
農家 兵庫県たつの市

こんばんはーー!

わーーーーーーー!

って叫びたい気分です。

6月が終わりましたーー!!

田植えが、

終わりませんーーー   ToT

予定では、遅くとも6月までに終わらす予定でしたが、

あと、3反、残りました。

本日、早々に1反は終わる予定ですが、

あと残りの2反は、まだジャガイモが植わっているので、掘ってからです。

梅雨に入ってから(前の投稿から、)、ほとんど雨か曇りな感じなので、ジャガイモ掘りは苦戦です。

水はけの悪い田んぼ+このじめじめした気候条件

にも関わらず、想像よりはジャガイモが腐っていないので、ジャガイモの強さを感じてます。

6月は、稲作農家にとっては、なかなかの修羅場となるようです。

昨年は、はじめての稲作ということで、とにかく作業をこなすことだけで6月が過ぎてしまいました。

しかし今年は、

といきたいところでしたが、

今年も、とにかく作業をこなすことだけで6月が終わってしまいました。

感想としては、とにかくやりきった感はあり、そして、来年以降に向けた計画が整いつつあります。

1年目は、とにかく何でもはじめてなので、どれくらい技術的に出来るのか(耕耘、代掻き、草刈り、田植え、水管理、乾燥・調整、出荷、地域付き合い、機械の整備など)を見極める年でした。

そして、今年は、技術面は、再度見直ししつつ、仕事量をどれくらいこなせるのかを見極める年だと思っています。

その一つ目の関門である田植えが、おおよそ一区切りつきました(正確には、一区切りつけないといけない期日が来ました。)

①温湯消毒 ②種籾の発芽 ③種まき ④育苗 ⑤代掻き ⑥田植え

の作業一つ一つにも細かい技術(育苗土の自作、育苗方法、代の掻き方、田植え時の水深などなど)があり、

また、それぞれがうまく連動するタイミング(種もみの成長スピード、雨・水路の条件などにより変化)もあるので、

これらの変化する条件から、毎年、最適な稲作を選択していくというのは、相当難しいことがわかりました。

一つでも間違えたら、後にどんどん響いてきます。

農業は、自然との格闘です。

農業自体は、自然ではありません。戦いなんです。

自然が豊かな国は、自然との戦いに忙しく、人との戦いに勤しんでいる暇などないなーと思いました。

終止、雑草、鹿、雨風、自分との戦いです。

さて、

今年は、合鴨を50羽、2反の田んぼに放鳥しました!

13501569_984767374955765_8471907212507155174_n

生後2日目(届いた日)から田んぼへ!

13532950_984768508288985_595129275718967776_n-1

今年は、薩摩農機さんの正規の合鴨電気柵と鳥よけ黒糸を購入し、2反の田んぼに張り巡らしました。

13567457_984767234955779_688730027129836841_n-6

はじめの方、まだ、外敵の存在を知らない折は、何匹かイタチにとられました。

13528793_984767038289132_3630773665561832401_n-3

現在は、警戒心が強くなったのか、私が近づいても遠ざかっていくようになりました。

昨年は、エサをもっていくとよってきたんですが、今年のカモたちは全くよってくるそぶりがありません。

なので、写真も遠いところからの撮影です。

13557805_984767004955802_4298520960611271049_n

こちらは、鶏。もうほとんど卵は産まなくなりました。なので、ただ飯を食べる鶏たちです。

今までは、ちょくちょく外に出ていたやつがいたのですが、1ヶ月ほど前に16羽になってから、一匹も外に出なくなりました。

外に出ていたやつは、毎回、同じやつだったのでしょう。

昨日、ある縁で、廃業して数年経ち、太陽光パネル設置場所になったゲージ飼い養鶏場(100mクラスのウィンドレスの建物が7棟くらい)を見に行ったのですが、ゲージ飼い養鶏というのは、本当に悲惨な飼い方だと思いました。

ゲージが7段とかに積み重ねられていて、それが5列×100m延々と並んでいます。

悪寒が走りました。

鳥インフルエンザがきたら一発でアウトなのは、明らかでした。

ただ、この飼い方が悪いとかを言う資格は、私にはありません。

ただ言えるのは、この飼い方は嫌だ(あそこでは働きたくない)ということだけです。

風習?が悪いとは言えませんが、私は、ネクタイも、満員電車も、嫌でした。

性分的に、まだ自然と闘っている方がいいのでしょう。
こちらは、大工さんに作ってもらった雨よけスペースです。

13567327_984766834955819_3052296547708485695_n

大工さんは、60過ぎたら大手には雇ってもらえず、

また、70過ぎたらシルバーでも使ってもらえないとのこと。

13567184_984766971622472_8870532344650578707_n-1

やってもらったのは、77歳の大工さんです。

ヒノキの柱で作ってもらいました。

13508881_984768564955646_4079989296328628847_n

土台が出来、柱が立ち、桁が出来、母屋・垂木が出来、波板が貼られ、たった1週間ほどで完成!

出荷作業が相当スピードアップ出来るようになりました!

こちらは、自作した田植機に取り付けるタイプのチェーン除草機。

自作キットがyahooオクで売っています。

13533317_984767294955773_62467699615779657_n

現在、この田植機設置型で8反、人力型で2反のチェーン除草(1回目)が終了しました。

来年は、竹箒除草機というのも自作して、除草効果を検証したいと思っています。

6月は、昨年同様、田んぼの作業に追われまくり、畑は草だらけです。

そんな中、里芋&ショウガ畝だけは、草抑えに成功しました。

13508931_984766931622476_7312692410874173069_n

牛尾さんにおしえてもらった黒マルチ芽出し法。

種芋、種ショウガを植えてから、黒マルチを被せ、芽が出るまで放置。

芽が出始めたら、マルチをはがします。

この後、雑草が生え始めた頃(丁度今頃)に、土寄せを兼ねて除草します。

7月は、雑草に埋もれた野菜たちを救出する日々が続く予定です!

下は、最近採れだしたナス・ピーマン・ししとう。

ごま油で炒めて、醤油と鰹節。

13507039_984768534955649_9051927858704670279_n

熱くても、冷めてもうまい!

しばらくの間、畑に野菜がほとんどなく、また、野菜を買ったら負け的な強迫観念にもかれれ、野菜不足な有機農家になっていましたが、

このほどやっと、野菜のある有機農家に戻ってきました。ひとまずやれやれです。

7月からは祭りシーズン!!

新龍太鼓の出番も増えてきます!

和太鼓の 身体を作る 農作業

(2016.7.1)

 


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 兵庫県たつの市