ミカンの果実分析

in 和歌山/日々の仕事/生長記録/農家の仕事/近畿
この記事の書き手
農家 和歌山県有田郡有田川町

OZAWA ORANGE FARM

13654175_321476331517938_594040506449724613_n

有田みかん山の果実も、
そろそろミカンらしくなり、
絞れば果汁も出てきます。

13669720_321476311517940_5490840647479483596_n

今年のデータはどうやろ⁉︎
みかん農家の方々は
糖酸、肥大値が気になる頃ですね。

AQ選果場
H28 7/15 果実分析
今回果汁絞れたのが、
極早生&早生ミカンまででした。
今年の特徴は酸度が低く、データ的には7/15の分析結果過去1番低い値を示し、極早生では平年より1度低い結果でした。酸度4を割って前年8/1頃の状態。

13680778_321476358184602_7318717844848229190_n   13692722_321476371517934_7911076939988087228_n

糖度は平年やや高め
極早生7.2〜7.5度、早生7.3度

果実肥大は平年よりやや大きめの生育で
極早生38mm 早生35mm 中晩34mm

13697210_321476338184604_9195746550026491080_n

ミカンの花満開が5/1と前年より10日早く生育も順調に進んでいる事で、酸度のピークが7月上旬だった事がわかります。

(2016.07.16)

保存


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 和歌山県有田郡有田川町