胡瓜の酢の物の水

in 中国/広島/農村漁村暮らし
                 
この記事のライター
                 
農家 広島県廿日市

胡瓜の酢の物をこしらえる際、以前は塩揉みする時、しっかり水分を絞っていましたが、

最近は塩を振って自然に滲みでた水分だけを切って、そのまま酢の物にしています。

水っぽくはなりますが、その水は胡瓜から出てきたものなので、

捨てるのはもったいなく思うようになり、美味しくいただいています。

農園近くの浜で春先に採った海藻、ふのりを添えるのが最近の好みです。

(2016.6.27)


➤このライターのプロフィール
農家 広島県廿日市