一人じゃないことを改めて実感した夜

in なかま・訪問客/中部/長野
この記事の書き手
農家 長野県長野市

どうも、相も変わらずセミに脅かされっぱなしの峯村です。

ただ、成虫としては短命のセミ。おおめに見ましょう。
さて、話は変わりまして・・・
僕は昨日、不意打ちの応援により危うく涙を流すところでした。
原因というか、きっかけは準レギュラーでお馴染み、彼です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビーティング法の様子を書いた記事:【今日からできるビーティング法!】 を、いつもお世話になっている
日本食べるタイムスさんに掲載してもらったことを、記事に登場している彼にも報告した際のLINE・・・

c0365873_23025356

着せ替えはお気に入りのアルクマ。
それは置いといて・・・。
素直にめちゃくちゃ嬉しかった。
いや、まさかこんな風に思ってくれているなんて。
彼とは中学の頃からの付き合いだからもう10年になりますが、
彼にここまで涙腺を追い詰めるとは思ってもいませんでした。
僕は1人で農業をやっているようで、そうではなく、
じいちゃんばあちゃんはもちろんのこと、家族であったり、毎年待ってくださるお客様、友達、周りの農家さん
などなど、たくさんの、たくさんの人から応援を貰うことで、りんご栽培をやらせて頂けてるのだな、
と改めて実感することができました。
彼や、皆様の期待を裏切らぬよう、やらせて頂きますので・・・
どうぞ、よろしくお願い致します!!

(2016.7.14)

【涙腺追い詰められた夜】Facebook より

昨夜は不意打ちの応援の言葉により、危うく涙を流すところでした。

農業大学校を卒業、果樹試の臨時職員を経て昨年就農し、今年からは完全にじいちゃんから僕へバトンタッチ。期待もプレッシャーも大きい。・・・やっぱりプレッシャーのほうが大きくて押し潰されそうにもなります。
ただ、こうして応援してくれる人、色々な面で支えてくれる方々がいるおかげで、今日も僕はりんご栽培ができるのだと改めて実感。そんな夜のこと。

(2016.7.15)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 長野県長野市