ひとつの命は、みっつの命へ

in 東北/畜産農家の仕事/福島
                 
この記事のライター
                 
畜産農家 岩手県久慈市山形町

残念(>_<)
産後から治療してもらっていたのですが、三つ子の母牛が亡くなりました。

15歳と高齢だった上に、三つ子はかなりの負担だった様です。
自身がぐったりして点滴されている途中でも、子牛が動くと心配して鳴いたりしてた様子や、
亡くなっても傍で寝ている子牛達を見ると、切なくなります。。

でも、せっかくこうして3つの命を遺してくれたので、元気に育て上げたいと思います!!

また、三谷牧場さんからきたジャージー
「いち」ちゃんに乳母として活躍して貰います!!

(2016.6.5)

つづき ↓

三つ子、その後


➤このライターのプロフィール
畜産農家 岩手県久慈市山形町