浅漬けメロン?!

in ピックアップ/兵庫/農家の仕事/近畿/食べる
この記事の書き手
農家 兵庫県神戸市

摘果メロンです。この季節、メロンは一番、手がかかる時。まず、受粉作業。手で一つ一つ行います。それから、脇芽をとり、株が大きく上に生長するように手助けします。

13419168_1757623644478454_627065357002749815_n 13432409_1757622681145217_5115698132041240949_n 13434783_1757622601145225_9093243122944141174_n

そして、大切なのは、1株に1個しか生らせないこと。他の実はすべてとってしまいます。この摘果(*)メロン、味も風味もまだメロンにはなってませんが、生地が滑らかで歯ごたえ良く、浅漬けにしたり、火を入れても美味しく食べれます!

13450071_1757622291145256_8609863030886021293_n

13423732_1757622394478579_3636754481967944482_n

(2016.6.14)

———–

*編集部注:「摘果」とは、果実のなりすぎを防いで果実の発育、果樹の樹勢をよくするため、実が小さいうちに間引きすることです。摘果メロンは「小メロン」などの名で販売されることも。

 


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 兵庫県神戸市