オーストラリアからのお客様

in 兵庫/日々の仕事/農家の仕事/農村漁村暮らし/近畿
                 
この記事のライター
                 
農家 兵庫県篠山市

SNSで知り合ったEpicureanharvest(エピキュリアンハーベスト→美食の収穫)のお二人が

たまたまオーストラリアから篠山にやって来るということで、うちの農園を訪れてくれました。

なぜ篠山なのか?

Mellow Habanero(メロウハバネロ→篠山の誇るチリソースです)さんがお友達なのだそうです。

面積4000m²(うちの約半分)、毎週18〜25軒のレストランへ配達するそうです。

今はちょうど冬に入ったところで、冬の野菜の種蒔きを全て終え、夏場メチャ働いたので休暇の旅行にやって来ました。

何より驚いたのが地代で、年間187万円払っているとか。

桁が1つ多いのでは、と思いっきりツッコミたくなるも本当だそうです。

今回、ゴボウの草引き(2回目)を全てやってくれました。

そして、コカブの塩コウジ漬け❗️
冬に、仕込んだコウジを冷凍していたのを塩コウジにして、一晩漬けたもの。
自分はこれを喰うためにここにやって来たとの思いが、滋味とともに身体にしみこみます。

洗いたてのコカブとエンドウ豆。
もうすぐ終了です。
爽やかな風の5月も去りました。

最後は、出荷時に野菜を洗っている場所。
写真は、小松菜。

 Nori Sakaguchiさんの写真                 Nori Sakaguchiさんの写真

 

Nori Sakaguchiさんの写真       Nori Sakaguchiさんの写真     13310415_1208776982480439_5226950298161390992_n
(2016.6.1)

➤このライターのプロフィール
農家 兵庫県篠山市