コンフューザーの設置

in 中部/日々の仕事/知恵袋・ワザ自慢/農家の仕事/長野
この記事の書き手
農家 長野県長野市

シンクイムシなどの害虫は、メスの出すフェロモンを頼りに
オスがメスを探し、交尾をし繁殖します。
それ利用したのが、このコンフューザー。
写真の赤い針金みたいなやつです。

13221218_232797423764799_4632423219708486712_o

コンフューザーには、対象害虫のメスのフェロモンが。
これを畑中に設置し、メスのフェロモンを拡散することで、
メスがどこにいるのか分からなくして交尾を阻害してしまおう、
というものです。

コンフューザーには殺虫効果はありませんが、
作物への残留も心配なく、殺虫剤の散布回数の削減が期待できます。

本年より、一部の畑で試験的に導入しました。
効果が期待できるようであれば、さらに設置面積を拡大していきたいですね。

ちなみに・・・
祖母は「コンフューザー」の「フュ」が発音できないらしく、
何度教えても「こんふーざー」、「こんひぃーざー」などと呼んでいました。

(2016.05.14)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 長野県長野市