私達は、皆さんの命を支えます

in 東北/福島/農家の仕事/農村漁村暮らし
                 
この記事のライター
                 
農家 福島県石川町

本日の最低気温マイナス3,7度
真冬では屁のカッパの気温でも、一度暖かい日に慣れてしまうととても寒く感じます。
昨日今日と雪が降ったり止んだりしています。

昨日は、町の有識者会議に出席させていただきました。
8月からおよそ1ヶ月に一回の会議で、「Iターン新規就農者」「子育て世代」として意見を述べさせていただいています。私自身、異業種の方の意見を伺え、とても勉強になります。

昨日は、平成31年までに現状2人のIターン新規就農者をあと3人増やすという目標に、
「親元就農でない者の新規就農は相当に大変だから形だけの支援はでなく本気で取り組んでほしい」と発言しました。
他の有識者の方からも、「給食などで買い取るのはどうか」等発言いただきました。
たった3人ですが、その3人が生活を安定させていく、家族を養っていく、大変なことです。
(うちも出来ていません)
けれども、農地の保全と共に、人の命を作る命(食べ物)を育てる=農業(第一次産業)を衰退させないというのは
地方自治、国にとって何より重要なはずです。
実のある施策になってほしいです。

そして、できれば…消費者の方に、第一次産業従事者が今の半分になったところを想像してもらいたいなぁ。
ね、だから、第一次産業を支えて下さいね~私達は、皆さんの命を支えます!なんてデカイこと言っちゃうけど、そんな志です。

しかし、普段しないお化粧をして、パンプスはいて…肩凝った~
いつも出荷するスーパーに帰宅前によったら、「どうしたの~?あ、卒業式?」てお店の皆さん驚きの顔。
ヤッパリ私は長靴がユニフォーム!

(2016.3.2)


➤このライターのプロフィール
農家 福島県石川町