未利用魚販売から学んだこと

in 東北/漁師の仕事/都道府県/青森
                 
この記事のライター
                 
漁師 青森県東津軽郡外ヶ浜町

未利用魚販売から学んだこと

未利用魚の流通

このことをテーマに、NPOの代表とコツコツ続けてきて、4年目になりました。
なんとか、漁業の現状を変えたいとやってきて
改めて、未利用魚に教えてもらいました。

最近、自分の中で、何かが見えてきて…

気持ちも箱に詰めて送ろう!

と、純粋に思うようになってきました。

ここ最近、取引相手から、いい反応、悪い反応、いろいろなリアクションを経験しました。

そして…

料理人が箱を開けた瞬間…

消費者が、魚料理を口に入れるとき…

魚を食べながら、楽しく談笑してる姿…

お店の外観…

こんなことを、想像しながら箱詰めするようになりました。

繰り返してると、何かが見えてきました。

未利用魚も商品

浜で、粗末に扱われても、飲食店で出会えば、輝いてなくては…
そして、料理人の喜ぶ姿…

浜で、輝いてない魚達から大切なことを教わりました。

いろいろ考え、悩みましたが…
最終的に命あるものから学びました。
伝える力、存在、人間に与える感情…

そして、先駆者として漁師が輝いてる未来を作らなきゃと…

そんな想いを込めた魚達が、今日も東京に旅立ちました…

魚1

 

 

 

 

 

魚2

 

 

 

 

 

(2016.02.26)


➤このライターのプロフィール
漁師 青森県東津軽郡外ヶ浜町