自分が食べたい材料で挑む、それが私の農業

in 日々の仕事/東北/農家の仕事/青森
                 
この記事のライター
                 
農家 青森県青森市

本日、晴れて農地2反弱を新たに借り受ける事が認められました。
認めるのは、地域の農業委員会。
農地は、去年まで無肥料栽培の水田です。
主食を作ってみよう、そんな魂胆です。
先日、なんで農業を始めたのかサラリと聞かれました。
改めて思う。
自分の食べるものくらい自分で作りたい、に他ならない。
自分が食べたい材料で挑む、それが私の農業ってことになるんでしょうか。
環境問題を含めて、誰かの健康や幸福に貢献したいんですよね。
合成洗剤で食器を綺麗にしても、排水は汚れるだけ。
文明は完璧じゃなく、汚れた排水は汚れたまま海に流れ、海の生き物の一部になり雨にもなる。
汚して良い自然は無い!
それです。
全部つながっているんですよ。

(2016.2.22)


➤このライターのプロフィール
農家 青森県青森市