害虫と農薬との付き合い方

in 中部/長野
                 
この記事のライター
                 
農家 長野県長野市

どうも、最近風邪気味の峯村です。

いよいよ周りでもインフルエンザが流行ってきているようで、手洗い・うがいは欠かせませんね。
さて、本日はとある生産者グループの研修会に行って参りました。
僕はそこに所属している訳ではありませんが、縁あって招待いただきました。
研修会の内容は主に病害虫、特に近年薬剤抵抗性が発達し防除が困難となってきている
ナミハダニの防除について(僕の得意分野!)や、ナミハダニに対する天敵製剤の新商品のお話しなどなど。
天敵製剤もまた、天敵を利用した防除なので環境に優しい防除方法ですね。
研修の内容は、学生時代に害虫を専攻し勉強していたこともあり、復習的内容だったのですが、
本日は何よりも「同じ志を持った農家」に出会い、お話を聞けたことが最大の収穫だったなと思います。
その生産者グループも減農薬栽培に力を入れたグループなので、とてもためになりました。
農薬は必ずしも悪ではなく、正しく使用すれば安全なものなのですが、
”持続可能な農業”という点では、やはり減農薬というのは重要なポイントになってくるのかな、と思います。
このご縁を大切に、そして僕も負けぬよう頑張っていきたいと思います!
(2016.02.18)

➤このライターのプロフィール
農家 長野県長野市