時代に逆行して今日も魚、明日も魚です

in 日々の仕事/東北/漁師の仕事/青森
                 
この記事のライター
                 
漁師 青森県東津軽郡外ヶ浜町

最近、魚の動きが悪く
いいネタがないので、こんな話を一つ…

今冬、陸奥湾では、鱈が豊漁でした。
1月の初めで水揚げ200トン超え…

鱈の産地
下北地方のむつ市脇ノ沢地区では、
白子や卵の入った腹がパンパンの鱈が
大量に水揚げされました(下手な地図ですいません…)。

12697396_1751227748444534_600906461365246983_o

しかし、私の住んでる津軽半島外ヶ浜町蟹田は、産卵終了後の腹のげっそりした
鱈のほうが多くなりました…

まさに、市場に出荷しても採算とれない
未利用魚です…

なぜかは、
学者でないのでわかりませんが…
どうやっても、
潮流の影響だと思いますが…

刺網漁に出漁するたびに、
70匹~100匹程掛かってます。

最初は、お世話になった方に配ったり
欲しいという方がいて
なんとか全て処理できたのですが…

前回からは、余ってしまいました。

私も命を無駄しては、いけないと思って毎日食べてますが、さすがに…

産卵後なので、身の質が…

なので、
寒風干しやり始めました。
写真は、ごく一部です…

まだ、食ってませんが…

市場の業者いわく
昔は、一家庭でも鱈は一本買いが普通でしたが
今は、ほとんどないそうです。
もらって、困る家庭もあるそうです…

時代が、違うと言えばそれで終わりですが…

私は、時代に逆行して
今日も魚、明日も魚です…

 

12654464_1751225221778120_5640072488261983436_n

12715785_1751225238444785_2498549453675532237_n

(2016.2.8)


➤このライターのプロフィール
漁師 青森県東津軽郡外ヶ浜町