1月マルシェレポート−ヒルズマルシェ編−

in イベント/イベント/中部/富山/日々の仕事
                 
この記事のライター
                 
農家 富山県黒部市
こんにちは!
富山県黒部市の米専業農家・濱田ファームです。週末はマルシェ出店で上京していたんですが、
東京もかなり寒いと思ったけれど、
やっぱり富山の方が寒いです(笑)!今日もひとり凍えながら、
事務所でマルシェの後片付けやら、
たまっていたメールの返信やらをしていました。

さてそのマルシェ、
簡単にレポートをお届けいたします!

前回が去年の11月21日の出店だったので、
まる2ヵ月ぶり。
久しぶりの出店に心ワクワク!

だったんですが、
天気予報を確認すると東京にも雪マーク。
雪マークは最終的に消えましたが、
雨マークは残ったまま。

でもせめて気分は上々に!
笑顔だけは忘れずに元気に出店してきましたよー!!

ヒルズマルシェの会場のカラヤン広場は、
いちおう屋根があるので、
小雨くらいなら何とかなります!

この日も雨がハラハラ降っていましたが、
お昼からはあがりました。

それよりも何よりも、
とにかく寒かったー!
底冷えのする寒さというか、
芯から冷える寒さというか、
とにかく寒かった(笑)。

そんなわけで、
人出もまばら~。
この日はたまたまマルシェ会場のお隣のサントリーホールでのイベントもなし!
かなり寂しい状況となってしまいました。

でもだからこそ、
出店者どうし、そして、マルシェ運営のスタッフの方とも
コミュニケーションをゆっくり&しっかりはかれます!

そう考えると、
人出の少ないマルシェは交流を密にする絶好のチャンスとも言えます!

何より、
こんな日でも来ていただけるお客様は、
だから余計に嬉しく感じてしまいます!

この日もいつもの、
もう本当に、
私たちがマルシェ出店の時には必ず顔を出してくれるお客様がいらっしゃるんですが、
変わらず足を運んでいただきました。

もうここまでくると、
お客様なんですが、
なにか、
悪天候と戦う同士のように勝手に感じてしまいます(笑)!

さらに、
以前は青山ファーマーズマーケットの方でお会いしたお客様で、
その後何度かメールでご注文いただいた方も、
今回ヒルズマルシェでお会いする事ができました。
共通のカナダでの生活話に花も咲き、
楽しい時間となりました!

カナダといえば、
カナダでのガイド同期の仲間も遊びに来てくれて、
20年ぶりの再会をマルシェではたしました!

これまでも私のカナダ時代の友達が多数マルシェに来てくれるんですが、
もうこうなるとマルシェは、
お米をただ単に売る場所でもなく、
お客様との交流という枠も越えて、
人と人とが出会う特別な場所と思えてなりません!!

さらには、
富山のよく知った顔まで登場!

よく知っているはずなのに、
東京で会うと一瞬、誰だかわからなくなります(笑)。
イハラ君、
山から下りてきたような格好で登場してくれました!

実はイハラ君は農家でもあるんですが、
郷土料理や農産物の魅力を世界に発信して里山の暮らしや文化・伝統を体験を通して伝える会社、
メデルケの代表でもあります。

そのメデルケ、
何やら来月辺りからこのヒルズマルシェに出店する予感大・・・?
そうなったら、
富山県民同士、富山の良さを六本木でアピールできるかなと、
楽しみです!

何だか嬉しいなぁ。
富山の仲間と東京のマルシェに出店できるかもしれないなんて。
皆さまもどうぞ、
楽しみに待っていてくださいねー!

というわけで、
人出も少なくいろんな意味で(笑)寒いマルシェでしたが、
やっぱりたくさんの出会いがあったわけで、
振り返ってみると楽しかったなと。
そう思うわけです。

さて翌日の青山ファーマーズマーケットは。
また明日!

(2016.2.2)

➤このライターのプロフィール
農家 富山県黒部市