1つ1つ自分の手で始末していくこと

in 九州/日々の仕事/熊本/農村漁村暮らし
                 
この記事のライター
                 

こんばんは。
『みどりやさい』のみりーです
ちょっとずつ気温が上がってきました。
雪も、ほとんど融けました。

午前中、山の畑へ行きました。
納屋の掃除で出た木のものを、焼きに行きました。

新聞に火をつけて、
徐々に、木の板・棒・壊れたかごなどを入れていきました。

ゴミ袋に入れて、ゴミ出し場所に持っていくより、
自分の手で1つずつ焼いて始末していく方が、
気持ちがいいなあって。

特に、夫の想いがこもっている物たちだから、なおさら。

これからも、山に焼きに来よう。
o0252045013551736014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2015.1.27)


➤このライターのプロフィール