直売について真剣に考え直してみた!

in 中部/富山/日々の仕事/農家の仕事
                 
この記事のライター
                 
農家 富山県黒部市

こんにちは!
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

ようやく冬らしい寒さになり、
雪も少しですが積もりました。
来週も雪の日が多いようなので、
ようやく日本海側らしい冬を満喫できそうです♪

つい♪マークをつけちゃいましたが、
正直なところあんまり降って欲しくありません・・・(笑)。

さてさてこちら、
ハマダ食堂(※単なる我が家の食卓)を写真に収めている方は、
農業コンシェルジェの脇坂さん。農業コンシェルジェって何ぞや?
って感じですが、
脇坂さんのプロフィールから引用させていただくと、
小学生のなりたい職業1位を農業にする為、
様々な人が関わるプラットフォーム構築などをされています。

平たくいうと、
マルシェの運営や、
地域活性化のプロデュース、
講演活動、
農家のコンサルタントなどなど。

活動の幅は多岐にわたっていて、
農業に関するあらゆる事をされている、
といった感じ。

濱田ファームとしては長年、
ヒルズマルシェでお世話になっていますし、
私個人としては今年度、
農業経営を学ぶ育成塾の先生と講師という関係でもあります。

そんな脇坂さんを自宅にお迎えして、
今回は6次産業化について指導していただきました。

6次産業化というと私はつい、
農産物の加工を思い浮かべてしまうのですが、
6次産業化は何も加工だけではなく、
栽培技術そのものだったり、
商品の販路拡大だったり、
資金調達だったりと、
多岐にわたる分野をさしての言葉なんだそうです。

へー、ほー、
知らなかったー。

濱田ファームは、
加工の道はすっぱりと切り捨て、
米農家らしく米作りと直売に専念すると決意したので、
今回は主に販路拡大について、、
脇坂さんからいろいろとアドバイスをいただきました。

育成塾では塾生から鬼の脇坂と恐れられ、
とても厳しい授業をする事で有名(?)ですが、
個人的にお話しすると親身にわかりやすく指導してくださいます。

しかも1対1なので、
濱田ファームのスタイルを理解していただいた上で、
濱田ファームの問題とその解決方法を、
その場ですぐに教えてくれるので、
非常に効率的です。

いつもはほぼ全ての情報を公開している私たちですが、
今回ばかりはちょっと公開できる内容でもないので、
モザイクをかけたら何の写真だかわからなくなってしまいました(笑)。

さて、
方法はわかった。
あとはやるだけ。

やってみて、
またその改善点を自分なりに見つけて、
そして新たな方法を考える。
その繰り返しなのであーる。

まずはやってみよう。
そうだ、そーしよー。

(2015.1.22)


➤このライターのプロフィール
農家 富山県黒部市