Menu

現場の農家・漁師が書く!史上初のニュースメディア

農家・漁師紹介

鈴木俊将

山形県鶴岡市

【自己紹介】

鈴木俊将24歳。手のひらサイズのジャンボなキクラゲを栽培中。就農3年目。キクラゲも3年目。

代々続く農家の長男として生まれ、小さい頃から「おめは家さ帰って来て百姓やれ」と言われ続けるという、英才教育を受けて育つ。ただ、それに対して抵抗は無かったので、そんなもんなんだろうと思いながらも、外界を見て来なければという思いに駆られ、大学進学のため東京へ。

法律という農家=農学部的な偏見を無視ししながら学びながらも、やはり農業からは離れられず、農業系学生団体を立ち上げ、教祖となって仲間を募り活動を始める。
当時、農に興味がある学生は多くいたものの、そもそも農への入り口が狭いということに気付き、「食から農を知る」をコンセプトに、食→農を繋ぐイベントを作る団体を立ち上げた。
まあこの団体の活動が楽しすぎて、学校などほとんど行かない日々を過ごす。
そして「やっぱオレも農業やろう。現場にいなきゃならん。」と思い立ち、大学を通信教育に切り替えて鶴岡へ帰省。

就農し始めて、なんか新しい作物ないかと探していたところにこんな声が。
「キクラゲって国産のものねぇなやのー。結構使うあんけんどものー。」

はい。
やりましょう。

そんな感じで3年目。

【夢・やりたいこと】

家・集落・地域を護る。

家・集落・地域、これらを後世に残していけるようにしたいというのが一番。自分の行動原理の全ては「鈴木家を護る」というところから来ているので。

ただ、全てをそのまま残すのではなくて、家・集落・地域の本質とは何なのか、それを見極めて、何が必要なのか、何がいらないのか、その時代にあったシステムを構築するべきだと思う。
今それをやらなければ、手遅れになるかもしれないんじゃないか。

それをやりたいというのが一番の夢というか、目標。

次に、集落を使ったツアーを作りたい。
集落一丸となってツアーを作るということで、団結力を磨いて、集落を使うことで、集落の魅力を再発見して、人を呼び込むことで、あわよくば移住させたい。
集落というコミュニティーはなんのためにあるのか、それを考えたら、集落の人間の関係性、団結力は必ずや必要になると思う。
でもそれを培う方法は様々で、それこそ時代に合ったやり方があるのかなと。
それが、ツアーだったり、ビアガーデンだったり、鍋パだったり、少しフランクに感じるかもしれないけど、老若男女参加できて仲が深まれば、そして楽しければいいんだと思う。
そういうことをこれから企画していきたい。
実際もうやってるイベントも結構あるけど。

あとは、キクラゲ御殿を建てること。
昔ながらの家の風格を残したままで、立派なお城を建てたい。

それと嫁探し。
自分の夢を応援してくれつつも、本人もしっかりと夢とか芯をもってるそんな人いないかなー、と日々探索中。

【メンバー】

くらげハウスの住人達:きくらげハウスに住み着いてる住人。というか、カエル。

きくらげアパートは超快適なんだケロ。そんな快適空間を提供してくれる管理人さんは超イケメンだケロ。みんなもきくらげハウスに僕たちに会いに来るケロ。
ちなみに、管理人さんは人間の右腕パートナー募集中みたいだケロー。

この農家・漁師の最新記事

生産者も気を引き締めて

やまがた農産物安全・安心取組認証 申請説明会 しゃきっと理事として出席して参りました。 農産物を集荷・販売する…

お裾分けってこんなもんだ

ブロッコリー配達したらお礼に柿もらった。笑 むしろ高価なものをいただいた気がするけど、まあお裾分けってこんなも…

子どもたちとサツマイモ掘り!

地元の保育園児とのサツマイモ掘り! やってきました。 食育事業の一環で毎年やってます。 掘った芋はこの後収穫祭…

1 / 212
この農家・漁師の活動拠点
日本山形県鶴岡市
Go to Top