Menu

現場の農家・漁師が書く!史上初のニュースメディア

会社員を辞し、畑違いの農業の世界に飛び込んだのが25歳の頃でした。

土に触れ、風を感じ、時の流れとともに野菜の成長を感じる「農」への魅力もさることながら、ビジネスとしての「農業」への可能性を感じてこの道を選びました。

「美味しくて安全な食べ物を食べたい」 これは食の本質だと思います。

口にすることで、触れることで、目にすることで、香ることで、 ちょっと幸せになれるような、食べるほど健康になれるような、 そんな野菜を創ってたくさんの人にお届けできる農業者でありたいと思います。

よく、農業は儲からないという声を聞きます。
実際、私が農業を始める時も周囲からの反対や心配の声が幾度となく聞こえてきました。

しかし、農業界への新規参入という高い壁を突き破り、 いざ入り込んだ農業の世界は想像した通りの可能性に満ち溢れる世界でした。

その可能性を活かすか否かは自分次第。そう思い、自分なりの農業を模索する中で、

「これまでの農業のインナーなイメージを打ち破り、農業の壁の内側の魅力的な世界を世の中に発信しよう! 日本農業のカッコよさを伝えていかなければ!」

というある種の勝手な使命感すら持つようになりました。
農業をキツイ、キタナイ、キケンな職業でなく、
お客様に喜びを提供できて、憧れられる職業に高めたい。

「日本の農業をカッコよく!」

この農家・漁師の最新記事

極小農家の成りあがり伝説

おはようございます。 昨日は今年最後の出張。 農林水産省の本省の会議室で対談の取材でした。 政府広報として、年…

2 / 41234
この農家・漁師の活動拠点
日本愛知県碧南市
Go to Top