Menu

現場の農家・漁師が書く!史上初のニュースメディア

農家・漁師紹介

園山 和徳

青森県

漁師の村で、アピオス栽培

青森県佐井村、漁業が中心の村で逆に農業をしています。
栽培しているのはアピオスという健康野菜。

獣害が深刻な村ですが、アピオスはニホンザルが食べないということで、特産品化しようと取り組んでいます。栽培の面においても、冷涼な下北地方の風土に合った作物として、地元の大きな期待を集めています。
最近では、アピオスは豊富な栄養を持つ健康食品として注目されています。

生産組織、「下北アピオス振興会」は、アピオスの生産・販売を拡大し、地域の発展を志す団体です。下北地域(むつ市、佐井村、東通村、大間町、風間浦村)のアピオスに関わる人々で2014年に結成し、活動しています。

 

今後やりたいこと

エネルギー政策に関わらず、持続できる地域経済を確立すること。
農業以外でも観光や特産品販売などさまざまな地域活性化活動を行っています。

この農家・漁師の最新記事

おや、誰かに見られている?

青森県佐井村、漁業が中心の村で、逆に農業を営む園山和徳さん。 やっと雪が溶け、今年の畑作業が始まったようですが…

魚から婚活イベントにつながる

佐井村で、6月に婚活イベントが企画されています。 なかなか出会いの機会がないと嘆く男性が多い状況なので、婚活イ…

何の得もない名産「クマ」の話

命がけで仕事してます。 いや、まったくかけるつもりはないんですが、どうやったって畑の近くでクマが出るので、なん…

この農家・漁師の活動拠点
青森県
Go to Top