Menu

現場の農家・漁師が書く!史上初のニュースメディア

農家・漁師紹介

佐藤 春樹

山形県真室川町

私たちの住む山形県真室川町の大沢地区は、 北に出羽富士鳥海山を望み、南に月山を望む里山です。 この自然豊かな里で山菜や米・里芋などを丹精こめて作り続けてきました。

森の家の畑は電線や下水などが一切通ってない森の中にある広い農地にあります。 大谷地という名のその農地には、その奥の堤、魔ヶ谷地(まがやち)よりとてもキレイな水が流れ込んでいます。 魔物は出ませんが、実際に畑の周辺には様々な動物たちが現れます。 森の家は、そんな動物に守られた土地で代々作物を作り続けてきた農家です。

森の家で栽培している甚五右ヱ門芋は、佐藤家に代々伝わっている伝承野菜の里芋です。 室町時代からこの大谷地の里芋を種芋として代々育ててきました。 大谷地の畑は独特の粘土質で、 収量は少ないものの粘り気の高い 柔らかな里芋を育てるのに非常に適しています。 さらに寒暖の差が激しいということも良い作物を育てる一つの要因です。 栽培方法も農薬、化学肥料共に一切使わずJAS有機認証の肥料を使用しております。

また、芋祭という収穫祭イベントも毎年開催しております。芋堀りの体験、芋煮や郷土料理を食べていただいたり、様々なワークショップも同時に開催しています。 そして、去年より始めた農家民宿では。より真室川町をゆっくり楽しめるように郷土料理や山菜採り体験など季節ごとのメニューも準備しております。

この農家・漁師の最新記事

森の家の動物たち

ほぼ毎日やって来る狸さん。蓄えが良いのか、日増しに体が大きくなっています。 森の家のパッケージに7匹の動物がい…

真室川の野菜箱《秋》

真室川の野菜箱《秋》、発送しました! おかげさまで好評いただいております。 今回は、甚五右ヱ門芋(伝承野菜)、…

1 / 212
この農家・漁師の活動拠点
日本山形県最上郡真室川町大沢2261
Go to Top