Menu

現場の農家・漁師が書く!史上初のニュースメディア

農家・漁師紹介

佐竹国広

北海道上川郡東川町

はじめまして。
さたけ農園 代表の佐竹国広です。
北海道の大雪山最高峰、旭岳の麓でお米を栽培しています。

この町、東川町は大雪山に降った雪からの豊富な一番水が贅沢に水田に使え、飲料水も地下水が豊富なためダムがあっても水道を作らなかった町です。

さたけ農園はこの町でも上流の標高の高い位置にあり、冷たい水のため田んぼの水管理には気を使いますが、上川盆地と標高の寒暖差のおかげで健康的な美味しいお米に育ちます。

僕は農家の三代目にあたります。
先代の父が昭和63年に有機栽培を始め、それ以来、稲を健康に育てることで農薬や化学肥料に極力頼らない事を基本に続けています
田んぼの畦に、チャイブやアップルミント等のハーブ類を植え、お米の斑点米の原因となるカメムシを近寄りずらくし、益虫のクモが住める水場を守る事で、生態系のバランスを崩さないようなちょっとした工夫をしています。

栽培している品種は、ゆめぴりか、おぼろづき、ななつぼし、きたくりん、ゆきひかりの5品種です。
面積18haのうち、有機JASが約5ha、特別栽培が約13haです。

東川町の道の駅「道草館」、北の住まい設計社、旭川市の長江米穀店で取り扱っています。
連絡いただければ農園で販売致します。
1年間通しての「年間契約」もあります。ぜひお問い合わせ下さい。
メール satake-noen@blue.plala.or.jp

R0023764 Exif_JPEG_PICTURE
R0024634

この農家・漁師の最新記事

冬将軍が来る前に

温かい日も今日で終わりか!? 明日から氷点下の日々。(最低気温が) 積もる前に掘りまくるぞー! (2016,1…

品質の向上にむけて

お米の等級検査を完了しました。 今年は作況調査よりも収量が少ない傾向で、品質は高温障害のシラタが多く落等の方も…

ゆめぴりか収穫

今日から本格的に刈ります。 先ずはゆめぴりか。 (2016,9,20)

穂の出づる時

写真はゆめぴりか。 少し標高の高いこの地域でも、穂が出始めました。 出穂(しゅっすい)と言います。 穂の赤ちゃ…

手間暇をかけて・・・

田植え前半戦(特別栽培)は23日で完了し、 今は有機JASの田んぼの準備をしています。 代掻きの後、草が生えや…

大事なお仕事は今こそ

しめた、雨だ♪( ´▽`) 今年、やり残していた畦塗りをしています。 低いアゼや、穴の開いたところを塗り直し、…

なかなか作業が進まない…

粘土地が多い我が家の田んぼ。 ギリギリまで水が引くのを待って、今日から田んぼ起こし始めましたが、天気が良くても…

今年の種もみの脱芒と選別

今年の種もみの脱芒(だつぼう)と選別をしています。 種もみには、祖先の姿を残す「ノゲ」という毛が付いています。…

1 / 212
この農家・漁師の活動拠点
北海道 上川郡東川町東4号北9番地
Go to Top