Menu

現場の農家・漁師が書く!史上初のニュースメディア


桃源郷は、訪問者募集中です。

13001332_1094649597266377_941917685187539252_n

Uターンからの運命の出会い
山形大学工学部を卒業後、東京でシステムエンジニアやフルーツ手売り訪問販売会社の営業として働いていました。
2012年の冬、故郷である青森県十和田市にUターン。十和田市役所の臨時職員をしていました。

「十和田市でも果物やってるらしい」という噂を聞きつけ、市職員としてその噂の農園さんを訪れました。
そこで出会ったのが大竹農園のご夫婦でした。


●とにかく!

木になっている桃に見て感動し…
その桃を一口食べたときの…

「おいしい!」

そのときの味が忘れられません!


果樹の楽園・大竹農園
大竹農園は、リンゴ、桃、ブルーベリーを始め、和ナシ、洋ナシ、プラム、プルーン、柿…果樹ならなんでもあります。

スクリーンショット 2016-05-10 19.02.43

しかし…
最高級においしい幻の桃「蟠桃」をはじめ、栽培が難しい果樹を育てているのに誰にも知られていないこと、東京よりも格段に価格が安いにも関わらず売れていない桃の現状を見て「どうにかしたい」と思い、「情報発信や宣伝なら、前の仕事のスキルも生かしてできる!」と行動開始しました。

自分で市から「新規就農支援」から予算をとり、大竹農園で研修生として働き始めました。3年目になった2016年の春からは正式に就農者として雇用され、大竹農園のFacebookなどの情報発信を担当しながら、果樹栽培の修行をしています。


「来て、見て、とってって!」訪問者歓迎の桃源郷
大竹農園の幻の桃「蟠桃」は、まず市場にはでません。通販をやろうとしても、2~3日の輸送期間に桃が耐えられないため、なかなか難しいものがあります…。

逆に、旬の畑では収穫しきれないブルーベリーが鳥たちの餌になっていたりします。

だからこそ、これからは大竹農園をもっと知ってもらって、来園してくれる人たちをもっと増やしたい!
と考えています。

今は一夏に100人くらいの方に来ていただいていますが、例えば1000人くらいに来てもらって、好きなだけ果樹を収穫して持って帰ってもらう。そうやって大竹農園のおいしいフルーツを、もっと多くの人に味わってほしいなと思っています。

12920282_1085027758228561_492620831063804030_n
(とある春の日の訪問者、ふくろう)


CONTACT

〒034-0212
青森県十和田市米田字種原150-1
otakefarm.towada@gmail.com

Tel: 0176-28-2802
Fax: 0176-28-3330
Facebook: https://www.facebook.com/otakefarm/

販売・訪問・その他のお問い合わせ
メールまたは、大竹農園のFacebookメッセンジャーまでご連絡ください。

 

この農家・漁師の最新記事

果樹の夏到来

今年も見事なサクランボできました! (2016.6.11) Tweet

りんごの花が咲きました

りんごの花が咲きました!さくらんぼ、梨や桃の花もとてもキレイです(*^^*) (2016.5.6) Tweet

この農家・漁師の活動拠点
日本青森県十和田市米田
Go to Top