Menu

現場の農家・漁師が書く!史上初のニュースメディア

西川農藝の西川真です。鳥取県出身鳥取県倉吉市在住です。「自家農園産」、「自然栽培原料」、「低温圧搾生搾り」の3つにこだわった植物油を原料から遡って生産しています。

 

とことん遡って、はじまった

東京・大阪のホテル内にあるレストランや料理学校など長らく「食」の世界に関わってきました。そのため、良質な食材を提供するためにこだわりと情熱をもって献身的に取組む農業者や食品生産者と直接的に間接的に接する機会が多くありました。その様な方々を垣間見る中で自分も良質でこだわりの食材を提供する側になってみたいと考えるようになりました。

食材の中で、植物油が面白いと感じていました。欧米の良質なワインやオリーブオイルの世界では原料となるブドウやオリーブの栽培から手掛けるのが当たり前。自分も植物油を生産するのであれば搾油だけでなく原料にまで遡ろうと考え農の道へ進みました。

こだわりの植物油の原料は全て鳥取県倉吉市内に所在する自家農園で生産しています。自家農園は全て豊かな黒ボク土譲です。この黒ボクの土は中国地方最高峰で日本4名山に数えられる秀峰大山(「ダイセン」と読みます)が過去何度も火山爆発して堆積してできた恵みの土です。

こんな豊かな土壌で農業が出来ることに本当に感謝しています。農作業に疲れた時に、ふと大山を見上げることができるのも良いところです。

 

バラエティ豊かな植物油を、ライフスタイルの中に

現在、生産しているのはごま、えごま、落花生、菜種、そしてそれらを搾油した油の4種ですが、自家農園を構える鳥取県倉吉市ならもっと色々な油糧作物を栽培することができると考えています。栽培する作物の種類を増やしてバラエティ豊かな植物油を生産したいと思っています。それぞれ特徴のある植物油の種類を増やすことで、摂取できる栄養の種類も増えるし、料理することも、そして食べることの楽しみも広がるので皆様により豊かな食生活の提案ができるんじゃないかと考えています。

ここ数年で「食」の世界の中で常識がもっとも大きく変わったのが油だと言われています。料理・健康・美容で注目を浴びていますが、まだまだ誤解の多い食材でもあります。是非、原料に由来する豊かな個性を持った植物油をライフスタイルの中にとりいれて豊かな食生活をEnjoyしていただければと思います。

3つの柱

「食材」に関わる者として重要に考えているのは以下の3点です。

1 月並みですが「安心安全」。
食は人の口に入るものですから何よりも重要だと思っています。安心と安全は一括りにされることが多いですが、少し違う概念だと思います。「安全」な食を提供することは当然ですが、情報開示することで「安心」して召しあがっていただきたいと思います。

2 「高い栄養価」。
食は人の心と体をつくるもの。やはり栄養をたっぷりを含んでいるものを生産したいと思います。

3 「美味しい」。
美味しくなければいくら「安心安全」で「高い栄養価」の食材でも続きません。続かなければ意味がないので食べて美味しいということは重要です。それに何より美味しい食事は人を幸せにしてくれます。

 

この農家・漁師の最新記事

種まき後の大雨

これより最後の種蒔き。蒔くのは黒ごま。 実は5月末の大雨で土砂が流出し蒔いた種も流されてしまいました。。。 し…

油はごまの”母乳”

うっすらと見える緑のラインは発芽して1週間ほどの金ごま。 あの小さなゴマの粒のどこにこんな力があるのだろうとた…

この農家・漁師の活動拠点
日本鳥取県倉吉市魚町
Go to Top