Menu

現場の農家・漁師が書く!史上初のニュースメディア

農家・漁師紹介

亀岡 隆宏

福島県伊達郡桑折町

SEから農家へ

桃は福島県を代表する品種”あかつき”を中心に20品種以上作っており、摘熟の収穫にこだわっています。
あんぽ柿は栽培から加工まで一貫して行っており、100%自然乾燥です。

農家3人姉弟の末っ子長男として生まれました。(14代目くらいらしいです。)
中学校卒業後、福島県立福島高校に進学、水泳部に所属していました。主な活動は文化祭のシンクロ発表!

高校卒業後は河合塾文理予備校で浪人後、明治大学経営学部へ入学、典型的な私立文系大学生活を送りました。(バイクで日本一周してみるも自分は見つからず)

そのまま東京でIT企業に就職し9年間システムエンジニアとして働きました。農業のこれからの可能性を感じ、2016年に就農しました。

 

亀岡果樹園

福島県伊達郡桑折町伊達崎にある、桃を中心とした果樹園です。当果樹園は30年以上に渡り桃を栽培し、現在では20品種程育てています。畑がある伊達崎地域の阿武隈川沿い一帯は、もも畑が広がっており”桑折町ピーチロード”と呼ばれています。

 

献上されるかもしれない桃、育ててます。

亀岡果樹園がある伊達郡桑折町で収穫された桃は、皇室に献上されています。

桑折町で収穫された桃が集荷され、その中から選抜された桃が献上されます。特定の農家さんというわけではなく、桑折町で育った桃が対象です。

歴史をたどると、以前は福島市飯坂町にある特定の農家さんの桃が献上されていたようです。ただ、高齢になり桃の生産ができなくなると、後継として選ばれたのが桑折町でした。品質の良い桃が生産されていたことはもちろん、国内でいち早く光センサー選果機が導入されていたため、安定した品質の桃を提供することができることも、理由の1つだったようです。

「献上している」ということが影響しているのか、「下手なものは作れない」という思いが農家間で共有されていて、それが品質の維持と更なる向上に繋がっているのではないのかなと、現場にいてひしひし感じます。

 

亀岡果樹園

連絡先:info@kameokakajuen.com

この農家・漁師の最新記事

あんぽ柿の選び方

あんぽ柿の出荷、実は既に始まってまして、本日12/28が本年の農協出荷最終日でした。 個別の販売は年が明けてか…

果樹農家の冬仕事

どんな職種でも、実際に目にしないとどんな仕事をしているか分からないですよね。 農業の場合、夏や秋の収穫時期は作…

読書感想『亡国の農協改革』

農協改革に反対意見の本です。賛成の主張も反対の主張も知ってみようと思い読んでみました。 筆者の主張を簡単にまと…

あんぽ柿は生鮮食品?加工食品?

あんぽ柿は加工食品です。 先日、百貨店のバイヤーさんとお話する機会がありまして、その中で「あんぽ柿は加工食品で…

2 / 3123
この農家・漁師の活動拠点
日本福島県伊達郡桑折町
Go to Top