Menu

現場の農家・漁師が書く!史上初のニュースメディア

農家・漁師紹介

石坂恵美

群馬県渋川市

私は祖父の代で酪農、父の代で黒毛和牛の肥育農家に3姉妹の長女として産まれ、小さな頃から手伝いを通じて当たり前の様に牛さんが大好きになりました。

そして東京農業大学に進学し、畜産試験場での研修を終えて、夢を抱いて実家に就農し、私の代から全国でも2割程度の母牛の管理から子牛の育成、そして肥育という全て同じ敷地で一貫して育てるというスタイル(肉牛生産のほとんどは繁殖農家と肥育農家に技術や効率の面で分業されています)を家族経営で行っています。

さまざまな大きな夢を抱いて就農し、牛さん1頭1頭に名前を付けて育てていましたが、出荷もその分だけ辛くて名付けるのを止めた時期もあり、現実も厳しく生き物を飼っているのに頭の中は数字だけが動いていました。

結婚し、子供を育てながら、お店に綺麗に並べられてある牛肉にいのちが見えずらくなってる事に気がつきました。いのちが見えると売りにくいし、食べづらい。
でも子供には心を込めて「いただきます」を行って欲しい。そう思いました。

小さな小さな家族経営で一貫して育ててるからこそ出来る事はないか?

名付けてトラックに乗せて終わりだから辛いんじゃないか?
召し上がる方まで伝える事が出来れば、それは通過点で、まだその牛さんの魅力を育てられる!

だって、名前を付けた方がやっぱり育ててて幸せなんだから。

そう思い、私の名前「恵美」とミートを合わせてEmeatという小さなブランドを始めました。
地域のブランドでも個人ブランドでもない、毎回一頭の牛さんをブランドとして伝え、送り出していく事がコンセプトです。

また、赤身嗜好が増えてきていますが、サシだけが黒毛和牛の魅力じゃない!と思っているので、新世代の黒毛和牛として「若牛(わかうし)」の飼育にも取り組んでおります。

この農家・漁師の最新記事

リボン付きの箱入り娘のその後

約2年前、我が家の『中植さん』という子牛が大阪は能勢の中植牧場にリボン付きの箱入り娘として旅立った話は覚えてま…

千歳の塊のお肉販売開始!

みなさんいかがお過ごしでしょうか?いよいよ本格的な夏がやってきますね! BBQを企画されてる方も多いと思います…

生き物を飼う牧場のGW2016

毎年恒例の意味深な配置の鯉のぼりが上がったGW(ゴールデンウィーク)という 名の大型連休ですが、生き物を飼う牧…

さくらんぼの母さん

黒毛和牛を母牛から出産、育成、肥育と一貫して育てている小さな牧場ですが、黒毛和牛=霜降りのお肉という世間の単純…

1 / 212
この農家・漁師の活動拠点
〒377-0007群馬県渋川市石原2257-50
Go to Top