Menu

現場の農家・漁師が書く!史上初のニュースメディア

2014年の10月より生駒市で妻と2人で「ひらひら農園」という名前で有機農業を営んでいます。

 

私について

生駒市出身で、最初のキャリアは美容師でした。その後は造園などの仕事をしながら、自然や地域とともに暮らす生き方をいろいろ見てきた末、「最終職業」として農業の世界に入りました。いろいろな場所で修行をし、最後は2年間グリーンワーム21の柏木さんのところで、自身の農業のスタイルが見えてきました。

 

 

小さな受注生産

柏木さんのところの野菜が、美味しかった。出汁がでるのです。そして、レストランのシェフとの交流がありました。私の農業のスタイルも、レストランとタッグを組みながら、美味しい野菜を届けるものを目指しています。種からレストランと話してつくる、言うなれば「小さな受注生産」。たとえば無理に大きくしないでいい、など栽培方法から変えていきます。

フレッシュに届けることにこだわっています。なので日持ちのする根菜が少なく、葉物やハーブなどを中心につくり、近隣のレストランに新鮮な状態で届けています。品種の数は、年間では120種類ほどとなります。

市場流通だけでやると小さな農家が続けるは難しいですが、価値をつけ理解してもらえるレストランに買っていただき、最高に美味しい状態で届けてもらえることが喜びです。

 

目指す家族経営の形

昔アルバイトしていた先に、群馬の岩田農園というところがあります。偶然、そののちに会う妻もそこでバイトしていたところで、2人で目指す形としてとても大切な場所です。有機農業で20町歩もの大きさをやってるのですが、頼れる父ちゃんがいて、90歳のおばあちゃんも一緒に働いて、外部からもたくさんの「ボラバイト」さんが手伝いに来るような場所でした。僕らも何歳になっても、できれば子供達と一緒に畑に立ち続けたいと思っています。

 

月イチでマルシェをやってます

レストラン中心のため、個人の方への販売は不定期の野菜セットと対面販売に限られていますが、やっぱり一生懸命つくったものなので、直接食べる人にお届けしたい思いはあります。つくる人を知っている方が、美味しく感じるとも思いますし。

そこで、月に1度、畑の軒先でマルシェを開催して、地域の人、そして外の人や子供達に畑を見てもらっています。シェフの方も来てくれたりするので、生産者とシェフ、そして食べる人が一緒になって美味しい野菜の食べ方を話すような、素敵な場になっています。ぜひタイミングを見て来てもらえれば嬉しいです。(野菜セット販売とマルシェの最新情報はFacebookページをご覧ください)

 

この農家・漁師の最新記事

農家になるとは生産すること

「よっしゃ‼」って感覚。 バタバタしながらレタスの畑の準備です。 肥料を撒くグランドソワー。 なかなか使いこな…

衝撃の体験と目標

2日前に食べた伊達さんの百合根。 作業中のふとした瞬間に口の中によみがえった。 上手に表現出来ないけど ねっと…

ひらひら日曜マルシェ 祝一年

ひらひら日曜マルシェも無事丸一年を迎えました‼ 今日は天気も穏やかで、焚き火も温かでほんとに気持ちいいマルシェ…

ひらひらレタス本格始動!

ひらひらレタス本格始動‼ この秋冬レタスはホントにヒヤヒヤしました〰 レタス定植開始の時期のあっつい事・・・ …

いつもの相棒

いつもの相棒の小鳥 土をいらうといつもやって来ます♫ トラクターの周りをチョロチョロして、虫食ってます。ミミズ…

新年会&イベント告知

背筋がピシッ 今日は夫婦で「万惣」さんの新年会に参加させて頂きました。 この歳で初めてフグの皮食べました♫ こ…

今年もこの季節がやってきた!

今年もこの季節がやってきました! 味噌作り♫ 今年は去年の2.5倍の量を仕込むという事で、いつもの助っ人参上❗…

初日の出〜和歌山県新宮市〜

明けましておめでとうございます。 2016年が始まりました。 お世話なった皆さま本当にありがとうございました。…

1 / 212
この農家・漁師の活動拠点
日本奈良県生駒市
Go to Top