Menu

現場の農家・漁師が書く!史上初のニュースメディア

【ひぐらし菜園】

千葉県の北西部、利根川と手賀沼で囲まれた我孫子に「ひぐらし菜園」はあります。
作っているのは主にイタリア野菜の「ルッコラ」「イタリアンパセリ」「バジル」などなど。
都内のイタリアンレストランや自宅の裏手の直売所を中心に販売しています。
20数年自家採種し続けたオリジナル・ルッコラやイタリアンパセリなどが自慢の逸品です。

【イタリア野菜に惚れ込む】

農業系企業に勤めていた時、出張先のイタリアでイタリア野菜とイタリア文化に惚れ込み自宅裏庭にて営農開始。
それから30年弱、新鮮なイタリア野菜を作り続けています。

【シェフとともに】

ひぐらし菜園は東京都内のイタリアンレストランのシェフの方々に支えられています。リストランテ濱崎の濱崎シェフ、クラッティーニの倉谷シェフ、等の腕のある料理人とともにひぐらし菜園は歩んできました。そのため、シェフとの信頼関係を築くための努力は惜しまず、日々研鑚の毎日です。

スクリーンショット 2016-04-23 11.24.27
【地域の“農”文化の担い手として】

ひぐらし菜園では年に何回か「芋煮会」なる収穫祭(イベント)があります。

「芋煮会」では地域の人に参加してもらって、ひぐらし菜園で採れた野菜を使った料理や地域住民の腕のなる食べ物を提供し、近隣住民で交流します。
今では希薄となってしまったご近所付き合いですが、こういったイベントを介して徐々に深めていきたい、気軽にしていきたい。“農”にはそんな役割があると思います。
「農ある幸せを共有してもらう」がひぐらし菜園の役割です。

 

【いつでもどうぞ】

ひぐらし菜園はかなりオープンな菜園で見学したい、話を聞きたい、芋煮会に参加したいなど大歓迎です。都心からも近いのでぜひお気軽にお声かけください。「おいどん」も歓迎します!

スクリーンショット 2016-04-23 11.29.36
○(右下)ひぐらし菜園の野菜たちとFB広報担当の「おいどん」

◆ひぐらし菜園   園主 日暮俊一
〒270-1163  千葉県我孫子市久寺家206
JR常磐線我孫子駅北口から徒歩20分
常磐自動車道 柏ICから車で20分

◆コンタクト
Tel 04-7182-1874
Fax 04-7186-6010

 

この農家・漁師の最新記事

春のオープニングセレモニー

3月7日 こんにちは、邪魔な雨です。 手賀沼北岸には冷たい雨の中、もうツクシンボが出てます。 つくし 冷たい雨…

ヒヨドリ君のお墨付き

こんばんは、これからヒヨドリ君、繁殖シーズンに入るわけですが、その前に葉酸いっぱいのブロッコリーやハクサイを食…

農家は自然のメッセンジャー

おはようございます、キンモクセイが串団子のように満開です。 この花がキノコ「ハツタケ」が出る合図でもある。 ま…

人参の成長はいかがなものか

おはようございます。 夜明け前(5時半ころ)、ご来光を待つオイドンと太り始めた野菜たち。    日照不足でニン…

進撃の巨人を信じた蝶々

こんにちは、明日から旧盆、先祖様用に6月定植のサトイモを掘ってみて灌水を始めたが、チョウもさすがにのどが渇いて…

この農家・漁師の活動拠点
日本千葉県我孫子市久寺家206
Go to Top