Menu

現場の農家・漁師が書く!史上初のニュースメディア

農家・漁師紹介

檀上 貴史

神奈川県小田原市

自分が取り組んでいる自然養鶏には大きな特徴が2つあります。
1つ目は、『抗生物質、ワクチン、農薬、飼料添加物などの人工資材を一切使用せず、自然が持っている力を最大限引き出して鶏を飼育する』こと。
2つ目は、『近隣地域から出る農業残渣を発酵飼料や鶏舎の床材に利用し、卵を生産しお客様へ提供する【地域循環型自然養鶏】である』こと。

元来、日本における農業と畜産業は深く、密接な関係にあったのではないでしょうか?
大型化や効率化を進める段階で、農業と畜産業の関係が希薄になってしまったと思われます。
適切な農業と畜産業の関係は、残渣の減量や環境の浄化に繋がり、地域の健全な循環を作り出すことができると自分は信じています。
地域の循環・生産者との連携を大切にしながら、真に安全な食糧の生産を目指します。

_MG_7001  _MG_7174

11843981_513632598800950_1112670173_n

この農家・漁師の最新記事

卵はどこで買えるの?2016年6月~

こんばんは 最近、お電話などでよくお問い合わせがあるので♪ 『自然養鶏場 春夏秋冬の卵は何処で手に入るのか?』…

新鶏舎設営に苦戦!!

こんばんは 新鶏舎を作り出したのは今年の1月・・・ 春になったら忙しくなるから 早め早めに作業しよう!! と意…

暮らしの中に『森の営み』を

今日も朝活は林道で『落ち葉拾い』♪ 養鶏場のある里山の『昔の姿』を覚えている方々とお話しする機会が続いた。 林…

季節の発酵飼料

『季節の発酵飼料』 自然養鶏場春夏秋冬の鶏たちは、地場&旬の御飯を食べています。 そして、先週から飼料の原材料…

日齢10日

日齢10日となりました。 少し大人っぽくなったでしょ? 止まり木で休むこともできるんですよ♪ たった10日です…

地域循環の話 ~パン屋さん編~

【地域循環の話 パン屋さん編】 自然養鶏場春夏秋冬では、養鶏場がある小田原・足柄地域の農業残渣と食品残渣を発酵…

この農家・漁師の活動拠点
日本神奈川県小田原市
Go to Top