来年に向けて…

in 千葉/日々の仕事/農家の仕事/関東
この記事の書き手
農家 千葉県佐倉市

25日で今年のいきいき畑の作業を終え、農家者が収穫を終えた部分をきれいに均してくれました。この冬は暖かく、霜が降りないので雑草が枯れません。収穫後の畑に生えた雑草を梳きこむことで根絶やしを図ります。また、本格的に霜が降りると、霜解けでトラクターの作業ができなくなります。総ての畑を均し終わると、農家者はいよいよ迎春の準備になります。
(といことは、今日から風呂場の掃除と窓の掃除が私の担当作業・・・)
畑の一隅にある菜園では、大根が元気ですし、エンドウの苗が冬空に頑張っています。苗の周りには篠を挿しています。葉が霜よけになり茎が蔓の成長を助けるから、と聞きました。春先にどんな収穫があるか楽しみです。このほか白菜とブロッコリーには箱入り娘のように鳥よけ、霜よけを施してあります。年末年始穏やかな天気が続いてほしい。
こうして、また1年歳をとりますが、なぜか年々気分は重くなります。来年は少しは軽くなる話が増えますように・・・

(2015,12,26)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 千葉県佐倉市